Hpp
どうも!
銀行員ブロガーのHppです。
プロフィールはこちら

  • 株の売るタイミングが分からない。
  • 売るタイミングはテクニカル分析だけで判断するの?
  • 株の売るタイミングの基準を教えて(><)

という疑問・悩みを解決できる記事になっております。

 

みなさん、株式投資をする上で"ある事"について悩んでいませんか?

その"ある事"とは、株を売るタイミングです。

 

これからご紹介する『株を売るタイミング』を習得できると、株が値下がりする前のベストなタイミングで売却できるようになります。

 

記事の前半では『株を売るタイミングはテクニカル分析から判断する理由』を解説しつつ、記事の後半では『実際どのようなタイミングで株を売るのか』を具体的に解説します。

おそらくここまで具体的に解説した記事は他にはないと思います☺

 

当記事を読み終えると、『株を売るタイミング』が理解できるだけでなく、誰にも頼らず株を売り利益を得ることができるようになるでしょう!

スポンサーリンク

株を売るタイミングはテクニカル分析から判断

株を売るタイミング

 

結論からご説明しますと、株を売るタイミングはテクニカル分析から判断します。

 

なぜならば、株を売るタイミングを計る上ではファンダメンタル面は全く役に立たないからです。

株価が天井を付けていても、企業の収益はまだ上昇しているケースが多いのが現状。

株価は基本的に企業の半年~1年先を織り込んでいるため、ファンダメンタル面に先行します。

 

田淵電機チャート推移

 

(6624)田淵電機は理解を深める良い例です。

田淵電機は主に太陽光発電用のパワーコンディショナーを製造しており、東日本大震災後の再生可能エネルギー政策で株価が急上昇した銘柄です。

 

2014年9月20日に状況は一変しました。

全国紙の朝刊に、「九州電力が再生可能エネルギーの買取を中断する検討に入った」という記事が記載されました。

九州電力に続き他の大手電力会社5社からも、太陽光発電の設置・売電申請を保留もしくは中止するという発表が相次ぎました。

 

その時、経常利益は対前年比303%と絶好調であったものの、田淵電機のチャートは下降トレンドに入りました。

業績は絶好調であるにもかかわらず、チャートが下降トレンドに入った理由としては、株価は基本的に企業の半年~1年先を織り込み、ファンダメンタル面に先行するからです。

上記でもご説明しましたね☺

 

単位:千円

決算期 売上高 対前年比 経常利益 対前年比
14年4月-6月 13,469 45% 3,319 303%
14年7月-9月 12,361 13% 2,547 80%
14年10月-12月 12,088 35% 3,333 43%
15年4月-6月 10,586 ▲21% 2,044 ▲38%

 

1年後の業績を見てください!

売上高10586千円(対前年比▲21%)、経常利益2,044千円(対前年比▲38%)と数字的に落ち込んでいます。

この結果こそ、株を売るタイミングはテクニカル分析から判断する理由です。

また上記のチャートを見ていただければお分かりになるように、株価はずっと下がり続けており、約1/20になりました…

田淵電機をファンダメンタル面から「売り時はまだだ」と判断していたら悲惨な結果になっていましたね!

テクニカル分析から株の売るタイミングを判断する方法

テクニカル分析から株の売るタイミングを判断する方法

 

ここから実際にどのようにテクニカル分析から株の売るタイミングを判断するのかを解説します!

 

株価の天井、転換点を正しく見極めるにはいくつかの目安があります。

クライマックストップでの値動き、機関投資家のディストリビューション、そのほか弱さを示す動きなどが挙げられます。

今回は私が特に重要だと感じるものだけを取り上げたいと思います(^^)

一日逆転ポイント

一日逆転ポイント

 

的確な売りによって「グレート・ベア」と称された著名投資家ジャーシー・リバモアが提唱した『一日逆転ポイント』というパターンです。

これは危険を告げる赤信号であり、市場からの緊急脱出を促すシグナルです。

長期間続いた上昇トレンドの最終局面でしばしば現れます。

前日の高値を越える高値を付けておりながらも、終値では前日の安値を下回る安値を付けており、また出来高は前日の商いより多い場合、非常に要注意です。

機関投資家のディストリビューション

機関投資家のディストリビューション

 

機関投資家のディストリビューションとは、投資ファンド・銀行などの機関投資家が一般大衆に銘柄を買わせ、売り抜けていることを指します。

 

飛びつく機会を今や遅しと神経質に待っていたトレーダー・投資家(一般大衆)を引き付け、銘柄を買わせ、機関投資家は売り抜けます。

一般大衆は大きな機会を逃すのではないかという恐怖に耐え切れず買ってしまい、機関投資家の罠に引っかかります。

ディストリビューションの終わりに市場が出来高を伴って始値付近で引けることが3~4回発生します。

詳細にご説明すると、出来高が伴っており、実体は小さく・上ヒゲが長いローソク足が現れます。

ローソク足が陽線か陰線かは重要ではなく、重要なのはヒゲの長さとこの値動きが繰り返されることと、それが出来高を伴うことです。

これはディストリビューション終了の合図であり、売りのクライマックスです。

機関投資家が大量のポジションを売り抜け現金化し始めたら、個人投資家はそれに逆らうだけの力はありません。

彼らの動きに追随することが株式市場で勝ち残る道です。

資金力のある機関投資家、インサイダーは規模が大きいゆえに、動きが出来高に表れてしまいます。

ローソク足+出来高を活用することで、機関投資家の動きを読み取ることが可能です。

機関投資家が買い集めている時は私たちも買い集め、売り抜けている時は私たちも売り抜けるのです!

 

機関投資家の動きに追随する方法をもっと詳しく教えて欲しい!」という方は下記の記事を参考にしてください!

高値圏で三空が出現・出来高が急増

大塚家具チャート

(8186) 大塚家具

 

急騰した株を売るタイミングとしては、『高値圏で三空が出現・出来高が急増』があります。

上昇過程で窓を三つ空けて上昇するチャートのことを『三空踏み上げ』と呼びます。

この三空踏み上げが高値圏で現れると、株価は下落転換のサインになることがあります。

 

特に分かりやすい例として、(4770)図研エルミックが挙げられます。

図研エルミックチャート

 

2017年7月、図研エルミックは4日連続でストップ高となり、三空踏み上げのチャートが完成しています。

しかし、翌営業日は安く始まり、出来高を伴い大きく下落しました。

この大幅な下落をきっかけに下降トレンドに突入、株価は現在1/2にまで下がっています。

 

高値圏での『三空踏み上げ』は相場転換が近いことを表すため、見逃さないようにしましょう☺

天井を示す5つのサイン

多くの主導株は何か月も上昇したあとに、天井へと疾走するかのようにそれまでよりも速く急上昇し、上昇を終えることがあります。

これらを含め、強気相場における天井を示すサインについて解説します。

天井を示すサインは以下の5つが挙げられます。

天井を示す5つのサイン

  • 一日の上昇幅が最大
  • 一日の出来高が最大
  • イグゾースションギャップ
  • 過剰な株式分割
  • 200日移動平均線からの乖離

一日の上昇幅が最大

適切なベースからブレイクアウトしたポイントから株価が数週間~数か月もかけて大きく上昇したあとに、上昇を始めた日から最大の上昇をして引けたローソク足が現れたら、注意が必要です。

ほとんどの場合、株価は天井近くにあります。

 

一日の出来高が最大

株価がブレイクアウトし、上昇を始めた日から出来高が最大になる日が天井となることがあります。

 

イグゾースションギャップ

イグゾースションギャップ

 

Exhaustion Gap(イグゾースションギャップ、エグゾースチョンギャップ)は上昇トレンドの最終局面に表れます。

上昇トレンドの終わり付近では、株価は急上昇し、大きく跳ね上がります。

何か月も前の最初のベースから大きく離れ、さらに上に窓を空けることをExhaustion Gap(イグゾースションギャップ、エグゾースチョンギャップ)と呼び、株価の天井は非常に近い状況です。

株価がこのギャップを下回りクローズした時は、窓埋めしたことを示唆しており、Exhaustion Gap(イグゾースションギャップ、エグゾースチョンギャップ)が現れたときとは真逆の相場展開を迎えることになります。

豆知識

上昇トレンドの高値圏において、窓埋めすることは弱気相場の始まりを示唆します。

 

過剰な株式分割

株式分割のあと、株価が1,2週間で20~50%上昇したら売りのサインです。

特に気を付けていただき点としては、過剰な株式分割です。

「なんで、過剰な株式分割はダメなの?」という方は、『過度の株式分割は注意が必要?株価が天井打つ兆候』を参考にしてください!

 

200日移動平均線からの乖離

株価が200日移動平均線から70~100%以上乖離するほど上昇すると、売りのサインとなります。

出来高・値動きから判断する株の売るタイミング

出来高から読み取る株の売るタイミング

 

株の売るタイミングは出来高・値動きからも判断することができます。

判断ポイントとしては、以下の3つです。

3つの判断ポイント

  • 少ない出来高で新高値
  • 3回目・4回目のボックス
  • 弱い上昇の兆候

少ない出来高で新高値

出来高が減ったり・少ないのに、新高値を付けるケースがあります。

株価が新高値を付けるのに出来高が減少するのは、買いの意欲が弱まっていることを表しており、機関投資家がその銘柄を欲しがらなくなったことを示しています。

「やはり、新高値銘柄は危険なの?」という方は、『新高値は投資する良いタイミング?新高値ブレイク投資法について解説』を参考にしてください!

 

  • 新高値で銘柄を購入するメリットってなに?
  • 新高値で購入すると、リスク大きくないの?
  • 新高値は怖い(´;ω;`)

という疑問・悩みを解決できる記事になっております。

 

3回目・4回目のベース

株価が3回目・4回目のベースからブレイクアウトして新高値を付けると天井が近くなっている売りのサインです。

ここでいうベースとは、ボックス理論のボックスのことを指します。

気付いている人も多いと思いますが、上昇トレンドを描く株は一連のボックスのなかで上下に変動しながらボックスを固め、ある時、ボックスの上限を飛び越えて、次のボックスを形成しています。

 

つまり、上昇トレンドの株はボックスを積み上げながら上昇しているのです。

 

しかし、そのままずっとトレンドは続きません。

"ある時点"で、上昇の勢いが止まることになります。

その"ある時点"こそ、3回目・4回目のベース(ボックス)なのです。

 

3回目・4回目のベース(ボックス)は値動きが大きくなり、形が広くルーズな不完全であることが多いです。

 

弱い上昇の兆候

天井近くで、最初の大きな売りが起こると、次の株価上昇では出来高が減少している傾向があります。

これは買いの意欲が弱まっていることを表しており、株の売るタイミングだと考えられます。

基本的に、強い上昇トレンドにある株は陽線のときには出来高が増え、陰線のときには出来高が減ります。

一方、下降トレンドにある株は陽線のときには出来高が減り、陰線のときには出来高が増える傾向があります。

そのほかの株を売る4つの重要なタイミング

そのほかの株を売る重要なタイミング

 

テクニカル分析以外の株を売る重要なタイミングについて、ここからご説明したいと思います。

株を売るタイミングはテクニカル分析から判断するのが賢い選択ではありますが、そのほかにも重要なタイミングがあります。

その重要なタイミングは下記の4つです。

4つの重要なタイミング

  • 損切りラインから逆算された利確ポイント
  • 期待感が高まり、上昇することが明らかな時
  • 四半期収益の増加率の減少
  • 悪材料が出たら即時売却

損切りラインから逆算された利確ポイント

Hpp
自分が設定した損切りラインから望ましい利確ポイントを逆算できることを知っているかい?

 

くまねこ
え!!そんなことできるの?

 

Hpp
できるよ!!早速、説明するよ。

 

利益と損切りの比率を3:1に設定しておくと、ポートフォリオを安全に増やせることを知っていますか?

詳しく知りたい方は、『利益と損失の比率は3:1がベスト?』を参考にしてください!

 

損切りラインを7%と設定しているのならば、利確ポイントは21%と逆算できます。

利益と損切りの比率を3:1と設定しているため、損切りの比率×3=利確ポイントとなります。

しかし、21%で利益確定してはいけない場合もあります。

それは、機関投資家が保有、主導銘柄が適切なベースからブレイクアウト、1~3週間で20%以上上昇した場合です。

このような銘柄は大化け株になるケースも多く、大きな利益をもたらす可能性があるので、保有し続けます。

期待感が高まり、上昇することが明らかな時

ある銘柄に対する期待感が高まり、その銘柄が継続して上昇することが明らかに見えたときは売るタイミングです。

チャートとティッカーの専門家であるジャック・ドレフェスが名言として、売るタイミングの理由を残してくれています。

ある銘柄が過剰なほど楽観視されるようになったら売れ。
世間が楽観的な考えで浮かれていたり、他人にも買うようにいそいそと勧めているようなときには、その銘柄はすでに十分に買われている。
その時点では、もうその銘柄について語ることしかできない。それ以上株価を押し上げることはできないのだ。
株価の上昇には、購買力が必要だからである。

ジャック・ドレフェス

四半期収益の増加率の減少

四半期収益の増加率が2期連続で著しく減少したら、基本的には売るタイミングです。

毎四半期ごとに50%の増益を見せていた成長企業が突如10%の増益にとどまるようなことがあったら、その企業は何かしらの問題を抱えていることを意味しています。

故に、買いは控え・売るタイミングだと考えられます。

 

ただし、どんな優良企業でも、一時的に業績が悪化することはあります。

なので、収益の増加率が悪化したと判断するのは、1期ではなく2期連続で著しく減少した時としているのです。

具体的には、前回の増加率と比べて2/3以上の減少を目安としてください!

悪材料が出たら即時売却

銘柄を購入した理由(業績・カタリスト・機関投資家による保有など)が大きく阻害されるような悪材料がニュース・新聞に出た場合、ためらわずに即時売却してください。

他の投資家よりも先に売却することが重要なポイントになってきます。

おすすめなやり方

私は銘柄を購入する際は必ず購入した理由をノートに控えてあります。

ノートに書き出しておくことで、購入した理由を常に頭に置いておくことができます。

また、その理由に何かしらの異常が生じた時はすぐに売却する判断も下せるようになります。

注意!一番してはいけないことは、悪材料が出たときに様子見するという行動です。

売却するチャンスを失うと、ストップ安を連続で喰らってしまう可能性もあります。

ためらわずに売却してください。

一時的な影響しか株価に与えないこともありますが、その時はまた買い戻せば良いのです☺

株を売るタイミング:まとめ

株を売るタイミングまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

上記で紹介した『テクニカル分析から株の売るタイミングを判断する方法』『そのほかの株を売る4つの重要なタイミング』を実践していただくと、今後は株を売るタイミングで悩むことは一切なくなり、一人で株の売り時を判断できるようになります。

 

最後に内容をもう一度確認しましょう。

 

説明させていただいた株の売るタイミングは数が多く、最初は判断を下すのも難しく時間がかかると思います。

しかし、何度も何度もこの記事を読み直して自分のモノにしてください。

一度、自分のモノにしてしまえば、一人で株の売るタイミングを見極められるようになり、投資成績の向上にも繋がります。

 

上記の内容を実践した後は『成長株の見つけ方・判断方法』を学ぶ必要があります。

優良な成長株を保有することができれば、損切りラインに引っかかる可能性も大幅に削減できます。

具体的に学びたい方は『成長株投資とは?大化けする成長株の見つけ方、判断方法を詳しく解説』にも目を通しましょう。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. hatty より:

    素晴らしくよく理解できました。、狼さんは、なかなかこんな事は教えてくれないので、ボケーっとしてる私は、損切りが多くて、目下半分まで資金がへりました。今日のチャートで勉強させていただいてます。ありがとうございました。

    • Hpp より:

      hatty様、コメントありがとうございます。
      そのようなお言葉をいただけて嬉しい限りです!
      やはり、出口である『売りのこと』を考えることも重要だと思われます^^

  2. ズンシャン より:

    解りやすい解説ありがとうございます。株が上がるとすぐ利益確定したくなり、損切りもできずで 追証になりそうなこともよくありました。
    どこまで持っていいかが分からなかったですが いい勉強になりました。
    損切りライン決めて がんばります。

    • Hpp より:

      ズンシャン様、コメントありがとうございます。
      そのようなお言葉いただけて、嬉しく思います☺

      株を売る一つの参考にしていただけたらと思います(^^)
      損切りに関する記事もございますので、ぜひご覧ください!
      [getpost id="36"]

コメントを残す