くまねこ
  • テンバガーってどうやって見つけるのだろう…
  • テンバガーを見つけるために何か方法ってあるのかな?
  • 初心者でも見つけれるのかな…?

 

疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっております。

 

実は、過去テンバガーになった銘柄の特徴・共通点さえ抑えておけば、テンバガーを掴むことは難しいことではありません。

実際、テンバガーになった(3906)ALBERTを値上がりする前にブログで発信することが出来ました。

そこで、記事の前半では『私が普段使用しているテンバガーの見つけ方・判断方法』を解説しつつ、記事の後半では『ウルフ村田氏によるテンバガーの見つけ方・情報収集』についてツイートされていた内容をまとめました。

この記事を読み終えことで、『過去テンバガーになった銘柄の特徴・共通点』が理解できるだけでなく、『実際のテンバガー銘柄の探し方』も身に付いた状態になるでしょう!

テンバガーとは?

テンバガーとは

 

テンバガーとは、株価が10倍に跳ね上がった株のことを指します。

誰でも自分が保有している銘柄が10倍になったら、かなり嬉しいですよね☺

豆知識

テンバガーのテンとは「10倍」、バガーとは「塁打」と訳すことができ、元々は、1試合で10塁打と驚異的な数字をあげる野球用語が由来となっています。

みなさん、テンバガーを掴むことは宝くじに当たるほど難しいと考えられている方も多いですが、実はテンバガーを掴むためには過去テンバガーになった銘柄の特徴・共通点さえ抑えておけば、難しくはありません。

テンバガー候補の見つけ方・判断方法

テンバガーの見つけ方・判断方法

 

ここから私が普段使用しているテンバガーを見つけるための銘柄選別法・判断方法について解説していきたいと思います。

 

テンバガーを購入する流れとしましては、まずテクニカル分析で銘柄を選別し、その後ファンダメンタル分析でテンバガーに備わっている特徴・共通点を確認し、購入するという手順で投資を行います。

テンバガーに備わっている特徴・共通点がある銘柄をただ購入するのも一つの投資手法と言えますが、効率が良くありません。

なぜならば、どんなに良い株でも買って良いタイミングと買って悪いタイミングがあるからです。

 

テンバガーに備わっている特徴・共通点がある銘柄を悪いタイミングで購入した場合、何年も動きが無い・ズルズル下がり続けてしまう可能性も十分にあり得ます。

その間、他のテンバガー候補が暴騰したら非常に悔しいですよね。

その状況に陥らない為にも、まずテクニカル分析で銘柄を選別する必要あるのです。

 

『じゃあ、どうやって銘柄を選別すればいいの?』と疑問の方は

新高値は投資する良いタイミング?新高値ブレイク投資法について解説』を参考にしてください。

 

新高値を用いたテクニカル分析で銘柄を選別できたら、このあと行う"作業"は簡単です。

過去のテンバガーに備わっていた特徴・共通点が選別した銘柄に備わっているか確認する作業を行うだけです。

毎日、仕事が終わり家に帰った後の隙間時間で探すことは可能ですが、なかなか見つかりません。

誰でも簡単に見つける事が出来たら、みんな億万長者になれますから、すぐに見つけることはできませんよね…

しかし、日々、テクニカル分析で銘柄を選別して、過去のテンバガーに備わっていた特徴・共通点備わっているか確認していたら、必ずテンバガーに出会うことが出来ます!

 

ここまで読んでくださった方は、

『過去のテンバガーに備わっていた特徴・共通点は何なのだろう?』と疑問をすでに抱いているはずです。

その点に関しては、別記事にて詳しくまとめてあります。ぜひ、参考にしてください!

ウルフ村田氏によるテンバガー候補の見つけ方・情報収集

テンバガーの共通の特徴

やはり、時価総額が低く・急成長企業であることは共通の特徴として間違いないですね。

ちなみに、時価総額が大きい銘柄だと数倍も厳しいです!

テンバガーを見つける情報収集

テンバガーを見つける上では、自分以外の投資家の考え・思考も重要です。

グーグル・ツイッターの検索機能を利用して実際に検索してみましょう。

テンバガー候補の見つけ方:まとめ

いかがでしたでしょうか。

テンバガーを掴むためには過去テンバガーになった銘柄の特徴・共通点さえ抑えておけば、何も知らない状態よりは難しくなくなりましたね。

すぐには見つからないのがテンバガー銘柄です。

しかし、1年間を通してテンバガー銘柄が多数出ているのは事実です。

その内の一つを見つけて投資できるように、日々、テクニカル分析で銘柄を選別して、過去のテンバガーに備わっていた特徴・共通点備わっているか確認していたら、必ずテンバガーに出会うことが出来ます!

是非とも、テンバガーを掴みとってください!

関連記事


コメントを残す