Hpp
どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

 

みなさん、投資家が先行きに不安を抱く局面で大きく上昇する指数:恐怖指数(VIX)は知っていますか。

投資家たちの心理状況を映し出す恐怖指数に日頃から注目しておけば、株価の急激な変動にも備えが可能です!

今回、恐怖指数(VIX)について、内容・実際の相場での使い方など詳しく解説しました。

当記事を読めば、恐怖指数(VIX)について理解でき、株価の急激な変動にも備えることができるでしょう!

人気急増中の国内取引所3選

公式サイト

取引手数料が全て無料で登録者急増中!

上場企業運営で安心のセキュリティ!

口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!

公式サイト

リップル(XRP)出来高世界No.1

セキュリティ対策も万全な取引所!

全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中!

公式サイト

東証一部上場企業GMOインターネットが運営。

セキュリティレベルは高く・信頼性も抜群!

口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!

スポンサーリンク

恐怖指数(VIX)とは?

VIX指数とは

 

恐怖指数(VIX)とは、簡単にご説明しますと、S&P500のボラティリティ指数のことを指します。

シカゴ・オプション取引所が、アメリカの主要株価指数「S&P500」を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表しています。

恐怖指数は、投資家たちの恐怖心理を表す指標として有名で、相場の先行きに不透明さを感じている時、数値が高まります。

通常は10~20の間で推移するものの、20を超えると強い警戒感を示すとされ、30を超えてくると特に相場の先行きに警戒感を抱いているとされています。

 

上記の図は恐怖指数(VIX)のチャートです。

ご覧いただければ分かるように、2008年10月にVIX指数が急上昇していますね。

これはリーマンショックが起きた時です。

普段は10~20の間で推移していたものの、この時は89まで急上昇しています。

リーマンショックの時のように、何らかの出来事が起きて、投資家たちが不安に包まれると、その動揺に応じて数値が跳ね上がるため、「恐怖指数」と言われています。

恐怖指数(VIX)は「投資家たちの恐怖の度合いを表しており、恐怖の度合いが高まっている時、市場全体が急落しやすい」とシンプルに理解してください!

 

Check!恐怖指数 [VIX・日経VI・VSTOXX] 日経平均比較チャートにて数値を確認できます。

恐怖指数(VIX)の特徴

恐怖指数の特徴

 

恐怖指数(VIX)には2つの特徴を備えております。

特徴をきちんと把握しておくことで、実際の相場でも使えるようになります。

恐怖指数の特徴

  • 恐怖を感じている投資家が増えると、数値は上昇
  • 一年のほとんどは平穏
  • 恐怖がずっと続くことはない

恐怖を感じている投資家が増えると、数値は上昇

恐怖指数(VIX)は投資家たちの恐怖が高まっている(先行きに不安を抱いている)時、数値は上昇します!

VIX指数が30超に上昇すると米国株は記録的な下落となる可能性が高い傾向があります。

下記はVIXが30超になった過去の相場です。

アメリカの相場が下落すると、日本を筆頭に市場全体が下落しやすいため、恐怖指数(VIX)を常に観察することで市場崩壊の予兆を予め把握することも可能です!

VIX指数が30超になった過去

  • VIX指数38 米国株6%下落 1997年アジア通貨危機
  • VIX指数45 米国株18%下落 1998年ロシア通貨危機
  • VIX指数43 米国株12%下落 2001年アメリカ同時多発テロ
  • VIX指数45 米国株34%下落 2002年エンロン不正会計事件
  • VIX指数89 米国株57%下落 2008年リーマンショック

一年のほとんどは平穏

出典:コンタンゴとバックワーデーション|5110

 

恐怖指数(VIX)は一年のほとんどは平穏な状態にあり、指数の数値はほぼ変わりません。

上記の図は2009年1月29日~2015年9月30日までのコンタンゴ/バックワーデション割合の統計です。

コンタンゴは平穏な状態、バックワーデションは恐怖が高まっている状態です。

統計情報より86%は平穏な状態、13%割が恐怖が高まっている状態だと示しています。

つまり、1年間のうち、365日×86%=313日は平穏な状態なのです。

恐怖がずっと続くことはない

恐怖はずっと続くことはありません。

つまり、恐怖指数(VIX)の数値もずっと急上昇したままということはなく、比較的短期間で、「必ず」元の水準に戻ります。

株式市場というものは、そもそも人間の感情や思惑が反映されたものです。

人間は「慣れる」という性質を持っており、どんなに厳しい環境にずっと居ても、いずれ恐怖に慣れてしまい、必ず平穏な状態に戻ります!

故に、恐怖指数(VIX)は「必ず」元の水準に戻ります。

 恐怖指数(VIX)を活用した投資を行う上で必要不可欠なので、覚えておいてください。

恐怖指数(VIX)を活用し、資産のリスクヘッジ

恐怖指数を活用して、リスクヘッジ

 

投資家たちの心理状況を映し出す恐怖指数(VIX)に日頃から注目しておけば、株価の急激な変動・市場の暴落に対して、予め準備することが可能です。

恐怖が高まり、先行きに対して不安を抱き、恐怖指数(VIX)が急上昇している時は「休むも相場」が原則ではあるものの、ショート (空売り) のポジションで株式市場に臨んだり、恐怖心理が高まるとリスクヘッジとして安全資産に資金が流入しやすい金価格の上昇に狙いをつけたりするの一つの投資戦略です。

あるいは、自分の保有しているポジションを整理し、現金化することで、市場の暴落に対しても予め準備することもできます。

恐怖指数(VIX)を上手く活用することで、リスクヘッジすることも可能であり、また投資に挑む機会を得ることも可能です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恐怖指数(VIX)を上手く活用することで、様々な投資戦略を練ることが可能です。

恐怖指数(VIX)を活用し、自分の大切な資産を守るためのリスクヘッジ、投資に挑む機会を得るためには常日頃から観察し続けるのが重要です。また、過去の下落相場ではどのような動きになっていたのか研究することも重要です。

ぜひ、上手く活用し、利益を掴んでください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

こちらの記事も人気です!