Hpp
どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

 

みなさん、銘柄を購入する際、購入予定数を一気に購入して、すぐにマイナスになり、資産を減らしていませんか。

実は、資産を減らさないようにリスクを最小化にする買い方があります。

それは、ピラミッティングという手法です。

リスクを最小化・安全に銘柄を購入することが可能となります。

少し難易度が高い買い方ではありますが、身に付けることができれば、投資での成功も近づきます。

この買い方はウォール街のグレートベアとまで呼ばれた伝説の投機家:ジェシー・リバモア、著名個人投資家CISさんも使用しているものです。

今回、ピラミッティングについての概要・実践でのやり方を詳しく解説させていただきました。

当記事を読めば、ピラミッティングについて把握でき、実際の投資にも活かせるようになり、資産を賢く守ることができるでしょう!

人気急増中の国内取引所3選

公式サイト

取引手数料が全て無料で登録者急増中!

上場企業運営で安心のセキュリティ!

口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!

公式サイト

リップル(XRP)出来高世界No.1

セキュリティ対策も万全な取引所!

最大20%分の取引手数料還元キャンペーン実施中!

公式サイト

東証一部上場企業GMOインターネットが運営。

セキュリティレベルは高く・信頼性も抜群!

口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!

ピラミッティングとは?

 

ピラミッティングとは、複数回に分けて銘柄を購入していく買い方のことです。

例えば、資金100万円でA銘柄を購入するとしましょう。

普通なら100万円を一気に使用し、A銘柄を購入するでしょう。

しかし、ピラミッティングを用いる場合は1回に100万円を全て使用して購入するのではなく、100万円を複数回に分けて購入していきます。

例えば、1回20万円ずつ計5回購入したりします。

分けて購入する理由

分けて購入する理由として、自分が取った行動が正しいかどうか確認するための"試し買い"をする為です。
故に、試し買いが含み益にならない限り、追加の買い増しはしません。
そうすることで、誤ったポジションを抱える頻度が減ります。

ピラミッティングのやり方

 

では、ここから実際のピラミッティングのやり方について解説していきます。

たとえば、A銘柄を1,000株購入したいと考えているとします。

 

①最初の試し買いで200株買います。

この試し買いの取引を実行したら、自分の取った行動が正しいかどうか確認されるまで一切ポジションを買い増ししないこと。

株価が予想通りの方向に動き、含み益を得られたら、自分の取った行動に間違いはなかったと判断してください。

 

Check!もし、予想に反して株価が下がった場合、取引を手じまうか、保有し続けるのかの選択を行います。

保有し続けるにしても、10%以上の損失は絶対に許容してはいけません。

②予想通りに株価が上昇したら、200株買い増します。

③株価がさらに上昇した場合、さらに200株買い増します。

ここまでで600株の買いが実行されており、購入希望株数の60%が購入されたことになる。

株価が上昇する度に、購入している為、この時点では大した利益にはならない。

④通常、株価が調整に入るケースも多いです。

前回買い増しした価格帯まで下落したと仮定しましょう。

このとき、株価が再度上昇に転じたと見たとき、最後の「買い」つまり400株の買いを注文します。

これで購入希望株数を購入することが出来ました!

 

基本的に上記のようなやり方でピラミッティングを行っていきます。

ピラミッティングを用いて、リスク最小化

 

ピラミッティングで銘柄を購入できるようになると、銘柄を購入する上で抱えるリスクを大幅に最小化することが可能です。

ポジションサイズを考え、ピラミッティングを用いることでリスクを最小化していきます。

たとえば、銘柄選別を誤り、含み損、10%で損切りしても、約0.4%の損失で抑えることができるようになります。

リスクを最小化する方法について、別記事にて詳しく解説させていただきました。

「ピラミッティング(増し玉)でリスク最小化」の章に記載してあります。

ぜひ、参考にしてください!!

ジェシー・リバモアの投資手法


ジェシー・リバモアは「ウォール街のグレートベア」との異名を持つアメリカで著名な投機家です。

1929年9月4日、世界恐慌の引き金となった空売りを行ない、1億ドル(現在の貨幣価値で4,000億円)以上の利益をあげ、彼がこのまま空売りを続ければNY市場は本当に崩壊しかねない状態であったとも言われました。

J・P・モルガンがリバモアにわざわざ使いをよこし、市場を救済するため、これ以上の売りは行わないよう要請してくるまでの投資センスを持っていた人物です。

ジェシー・リバモアもピラミッティングによって大きな成功を収めております。

ジェシー・リバモアに関する書籍は何冊も出版されており、その書籍の中にもピラミッティングに関して記載されております。

リバモア自身が書いた唯一の本、「孤高の相場師 リバモア流投機術」は特におすすめの本です。

 

下記3点はリバモアに関する代表的な本です。

全て読んでおくと、色々と身に付きます!

ぜひ、一度読んでみてください!

 

 

まとめ

ピラミッティングに関していかがでしたか。

銘柄を購入する上でピラミッティングを使用すると、リスクの最小化を図れると共に、誤った銘柄を抱える頻度が減ることでしょう。

伝説の投資家:ジェシー・リバモア、著名個人投資家CISさんも使用している投資手法であり、実用性は非常に高いです。

今まで使用されていなかった方・当記事を読んで初めて知った方には、ぜひ銘柄を購入する上で使用していただきたいです!

関連記事


コメントを残す