株式投資の完全ロードマップを無料で公開中!

ポジションサイズとは?株式市場で生き残るための命綱

Hpp

どうも!
銀行員ブロガーHppです。
プロフィールはこちら!

???

  • ポジションサイズってなに?
  • ポジションサイズを考えないとまずいって本当?
  • ポジションサイズを考えるとリスクを最小化できるって話聞いたんだけど…
という疑問・悩みを解決できる記事になっております。

 

実はポジションサイズを考えて投資を行うと、リスクを最小化することが可能です。

リスクを最小化することができる上に、もし10%で損切りをしても、ポートフォリオ全体としては0.4%のマイナスに抑えることが可能になります!

 

当記事の前半では『ポジションサイズとは?』『おすすめのポジションサイズ』を解説しつつ、記事の後半では『ポジションサイズでリスクを最小化する方法』を具体的に解説しました!

 

当記事を読めば、ポジションサイズの重要性ついて理解できる上に、10%の損切りも0.4%のマイナスに抑えるようになるでしょう!

ポジションサイズとは?

ポジションサイズとは、株式に投資している資金の大きさのことを指します。

 

ポジションサイズを間違えると、リーマンショック級の大暴落時に再起不能になり、退場する可能性もあります。

全資金を1銘柄に投資していると、その銘柄がストップ安を連発する事態に陥ったら、もう終わりですよね。笑

 

私の経験談

私はすごく自信のある銘柄に対しては1銘柄集中投資をしていました。

相場の雰囲気が良い時は、すぐに資産を何倍にも増やすことは出来ました。

しかし、投資している銘柄に何かしらの緊急事態が発生すると、本当に怖いくらいのスピードで資産が減りました。

数倍まで増やした銘柄の含み益が吹き飛びくらいの事態も何度も起きました。

 

株式市場では生き残ることが最優先事項です。

そこで、今回のような状況に陥らない為にも、ポジションサイズを考える必要があります!

おすすめのポジションサイズ

株式市場で生き残っていくためにはポジションサイズを考えなければなりません。

リスクを最小化し、株式市場で生き残っていく上でのおすすめのポジションサイズは以下の通りです。

 

おすすめのポジションサイズ

おすすめする投資対象数は、最大5銘柄です。

そして、1銘柄への投資上限額は全資産の5分の1までとします。

 

株式に投資している金額の総額が500万円であれば、1銘柄への投資上限額は100万円となります。

1銘柄当たりの金額を減らし、投資対象数を増やせば増やすほど、分散されリスクは下がりますが、おすすめしません。

なぜならば、銘柄保有数を増やせば増やすほど管理がしずらくなるからです。

 

例えば、20銘柄保有しているとしましょう。

20銘柄全て、毎日動向を追っていけますか?

毎日動向を追っていけない中途半端な銘柄を保有するより、毎日動向を追っていける銘柄を保有した方が良いでしょう。

ポジションサイズでリスクを最小化する方法

ここからポジションサイズでリスクを最小化する方法について解説していきます!

 

この章を読む上では、「ピラミッティング」の知識が必要になります。

ぜひ、ピラミッティングに関する別記事を読んでから続きを読んでください!

 

 

投資対象数、1銘柄当たりの投資上限額については前の章でご理解いただけたと思います。

ここから、ポジションサイズでリスクを最小化する方法をご説明します!

 

リスクを最小化するためには、ポジションサイズとピラミッティングを組み合わせていきます。

 

ここで、銘柄を購入(エントリー)する上でのルールをご説明します。

そのルールとは、銘柄を購入する際は5分割のピラミッティングを用いてください!

つまり、5分割のピラミッティングとは5回に分けて銘柄を購入していきます

注意

自分の取った行動が正しいかどうかを見るために試し買いをするため、試し買いが含み益にならない限り、追加の購入はしてはいけません!

 

くまねこ

なぜ分けて購入する必要があるの?
それは、一度に購入するとリスクが大きいからだよ!
投資対象を購入することが正しいのかどうかを様子を見るために分けて購入するのだよ。

Hpp

くまねこ

あ、なるほど!分けて購入することで、間違った銘柄に投資することを防げるということね!
素晴らしい!その通り!
ピラミッティングを用いれば、自分の取った行動が正しいか判断できるのだ!

Hpp

 

例えば!

株式に投資できる総額が500万円としましょう。

そうすると、1銘柄に投資できる上限額は100万円となります。

5分割のピラミッティングで銘柄を購入していくとなると、1回に購入できる金額は20万円になります!

 

ここで問題です!

もし、最初の試し買いで損失を被り、10%で損切りしたとすると、ポートフォリオは全体で何%減るでしょうか?

正解は・・・0.4%です!

 

最初の試し買いで購入する金額は20万円でしたね。

となると、10%で損切りするとマイナス2万円になります。

この2万円はポートフォリオ全体の500万円に与える影響は以下のとおりです。

(20,000円÷5,000,000円)×100=0.4%となります。

 

もし、1銘柄に集中投資しており、10%で損切りすることになったら以下のとおりになります。

5,000,000円×10%=500,000円

(500,000円÷5,000,000円)×100=10%

 

ポジションサイズを考えながらピラミッティングを行えば、0.4%の損失で抑えることができました!

もし何も考えずに1銘柄に集中投資していると、10%も資金が減ってしまうことが分かりましたね!

いかにポジションサイズを考え、ピラミッティングを用いることでリスクを大幅に減らすことが重要かご理解いただけたと思います!

 

まとめ:ポジションサイズ

まとめ:ポジションサイズ

上記でご紹介した『ポジションサイズ』を念頭に置きつつ、株式投資を行うことは株式市場で生き残っていく上では必須です。

ポジションサイズとピラミッティングを組み合わせることで、リスクを最小化することは可能です!

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

MEMO
  • ポジションサイズとは?
    →株式に投資している資金の大きさのこと
  • おすすめのポジションサイズ
    →投資対象は最大5銘柄、1銘柄への投資上限額は全資産の5分の1
  • ポジションサイズでリスク最小化する方法
    →ポジションサイズを考え、ピラミッティングを行う

 

投資対象数、1銘柄への投資上限額を考え、ピラミッティングにて銘柄を購入していくことは非常に大切です。

ぜひ、当記事を読んだことを機に一度自分のポートフォリオを見直してみてください!

無茶苦茶な割合で銘柄を保有していたら、再編するのも一つの手だと思います☺

 

上記の内容を理解した後は『損切りをする必要性』について学ぶ必要があります。

ポジションサイズとピラミッティングを身に付けても、損切りができないと話になりません。

具体的に学びたい方は下記の記事にも目を通してください!

損切りできない人必見!誰でもできる資産を守るための損切りとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です