どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。
1分で読めるニュース記事!
今日の話題は、「仮想通貨Stellar(ステラ)、140億円相当の史上最大エアードロップ発表」です。

 

スポンサーリンク

仮想通貨Stellar(ステラ)、史上最大のAirdrop発表

11月6日、仮想通貨ステラ(XLM)の開発を行う非営利団体Stellar Development Foundationが、世界的に有名な仮想通貨ウォレット提供会社Blockchainと提携し、総額1.25億ドル(約140億円)相当のXLMをBlockchainウォレット顧客にAirdropすると発表。

今回の配布はBlockchainウォレットのすべてのユーザーを対象に行われるとされており、1人当たり25ドル(約2800円)相当のXLM(ステラ)が配布される予定です。

Blockchain社CEOのPeter Smith氏によると、今回の140億円相当のAirdropは仮想通貨史上最高額だとの事。

また、Airdropを実施する理由について以下のように説明しています。

ブロックチェーンエアドロップは、暗号通貨のクリエイターやユーザーにとっての新たなコミュニティを促進させるための素晴らしい方法であると考えている。ブロックチェーンエアドロップによって、ユーザーは仮想通貨を購入したり、マイニングしたりせずとも、取引や送金などをすることができる。

今回のブロックチェーンエアドロップにより、ブロックチェーンウォレットが無料で新しい通貨を知り学ぶ場所となる。

 

Blockchain社は、2011年設立され、現時点で3000万近いウォレット発行数を誇っており、140カ国の国々でサービス提供を行なっている。

仮想通貨ウォレットとして絶大なシェアを誇るBlockchainと提携することにより、XLM(ステラ)の普及も期待されている。

仮想通貨Stellar(ステラ)とは?

 

仮想通貨Stellar(ステラ)とは、2014年にマウントゴックス創業者:ジェド・マケーレブ氏が開発した仮想通貨。

開発された初期の段階ではステラ(Stellar)と呼ばれており通貨の略号もSTRとなっていました。

しかし、2015年のネットワークアップグレードに伴い通貨名称が変更されることになり、現在はLumens(ルーメン)/XLMという名前が正式通貨名称になっております。

ステラは、リップル(XRP)と同じように世界中に送金を可能とした仕組みを持ち合わせており、

お金・人・金融を繋ぐ金融インフラプラットフォームになることを目指している。

 

仮想通貨Stellar(ステラ)に関して別記事にて詳しく解説してあります。

ぜひ、そちらもご覧ください!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらの記事も読まれています!