Hpp
どうも!
銀行員ブロガーのHppです。
プロフィールはこちら

  • PEGレシオってなに?
  • PERで判断しずらい銘柄も割安か分かるって本当?
  • PEGレシオの投資判断目安ってある?

という疑問・悩みを解決できる記事になっております。

 

これからご紹介する『PEGレシオ』を使いこなせるようになると、PER・PBRでは判断できない割安株を見つけることができるようになります☺

記事の前半では『PEGレシオの概要・計算方法』を解説しつつ、記事の後半では『具体的な使用方法』を解説します。

当記事を読み終えると、『PEGレシオ』を使いこなせるようになり、PER・PBRでは判断できない割安株を見つけることができるようになります!

PEGレシオとは?

 

PEGレシオとは、株価の割安性を判断する分析指標です。

 

割安性を判断する上で、PERを使用されている方は多いと思います。

しかし、高い成長性を期待出来る新興企業はPERが必然的に高くなり、株価の割安性は分析しずらくなります

PEGレシオは分析しずらい成長性の高い新興企業も分析することが可能です。

PER・PBRの内容を把握しておくことも重要ですが、PEGレシオの内容を理解しておけば、プロと同じように割安株を発掘することができます。

 

PER・PBRについてあまり分かっていない(><)』という方は下記の2記事を参考にしてください!

PEGレシオ計算方法

 

PEGレシオの計算方法について、ここからご説明したいと思います!

PEGレシオの計算方法としては、次のとおりです。

PEGレシオ=PER÷利益成長率(※)

※利益成長率とは、1株当たり利益(EPS)の成長率を指します。

 

具体例

A社の今期予想EPSが1,000円で、来期予想EPSが1,200円なら、利益成長率は20%となります。

A社のPERが20倍と仮定しましょう。

その場合、PEGレシオを求める計算式は次のとおりになります。

PEGレシオ=20(PER)÷20(成長率)=1

つまり、A社の株は成長率と同じで取引されていると判断できます!

PEGレシオの計算にあたっては、3年間の平均成長率を見るべきだとの意見もあります。

利益成長率は予想EPSを使用するため、"あくまで予測"でしかありません。

その点だけはご注意ください!

PEGレシオの目安数値

PEGレシオ目安数値

 

PEGレシオにおける投資判断目安は次の通りです。

2倍以上:割高
1倍~2倍:適切な株価
1倍未満:割安

PERが60倍、利益成長率が70%の会社があると仮定しましょう。
その会社のPEGレシオは何倍になるでしょう。
PEGレシオ=60(PER)÷70(利益成長率)=0.85倍と算出できます。
0.85倍は1倍未満なので、その会社は割安だと判断できます!

 

Check!つまり、ここで重要なのはPERが60倍であるから割高とすぐに判断するのではなく、利益成長率も同時に考慮することによって実は割安株だと気付いて欲しいのです!

PEGレシオの欠点

すごく利便性の高いと思われるPEGレシオにも唯一欠点があります。

それは、利益成長率がマイナスの場合です。

来期の1株あたり利益(EPS)の予想が、今期と比較して減益予想だったり、もしくは3年間の利益成長がマイナスのような場合に、PEGレシオはマイナスの値を示します。

PEGレシオがマイナスの場合、割安性の判断を行うことが不可能なのです。

つまり、利益成長率がマイナスの場合はPEGレシオは機能しないという欠点を抱えているのです。

PEGレシオは楽天証券で簡単確認

PEGレシオは楽天証券で簡単確認

 

PEGレシオは上記でご説明したとおり、自分で計算することは可能です。

しかし、楽天証券を利用すれば最新のPEGレシオが表記されており、簡単に確認することが可能です。

また、スクリーニングによって絞り込みも可能で非常に便利です。

 

楽天証券の提供している「スーパースクリーナー」を使うと、一定の条件で絞り込んだ後に、PEGレシオをランキング形式で表示することも可能です。

ただし、楽天証券の「PEGレシオの閲覧」、「スーパースクリーナーの利用」は口座開設をした人だけの特権となっています。

無料で簡単に口座開設が可能ですので、口座開設することを本当におすすめします!

 

楽天証券の会員ページに表示されるPEGレシオは、「1時間毎に更新」されており、常に最新の情報を入手できます。

スマホアプリ「iSPEED」からは、「指標 → コンセンサス情報」のページで、PEGレシオを閲覧できます。

 

 

まとめ:PEGレシオ

まとめ:PEGレシオ

 

いかがでしたでしょうか。

上記で紹介した『PEGレシオ』を使いこなせるようになると、PER・PBRでは発掘できない割安株を見つけることができるようになり、有利に投資を進めることができるでしょう!

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • PEGレシオは割安株を見つける分析指標
  • PEGレシオ=PER÷利益成長率で算出可能
  • PEGレシオは1倍未満だと割安
  • 唯一の欠点は予想成長率がマイナスだと計算できない
  • 楽天証券なら最新のPEGレシオを確認できる!

 

PER・PBRとは違い、あまり聞きなれない分析指標であることから使いこなすまで少し時間がかかると思いますが、何度も何度もこの記事を読み直して自分のモノにしてください。

一度自分のモノにしてしまえば、PER・PBRでは判断できない割安株を見つけることできます☺

 

上記の内容について把握した後は『株を売るタイミング』を身に付ける必要があります。

具体的に学びたい方は『利益を逃さないための株を売るタイミング』にも目を通しましょう。

関連記事


コメントを残す