どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

みなさん、"PEGレシオ"という割安株を発掘する分析指標はご存知でしょうか。

PER、PBRなどはよくご存知だと思いますが、"PEGレシオ"は聞いたことがないという方が多いです。

そこで、今回はPEGレシオとは何か、計算方法、使用方法も含めて詳しく解説しました!

スポンサーリンク

PEGレシオとは?

 

PEGレシオとは、株価が割安か割高かを判断する分析指標です。

割安か割高を判断するうえで、PERを使用されている方も多いと思います。

しかし、高い成長性を期待出来る新興企業はPERが必然的に高くなり、割安か割高か分析しずらいと思います。

PEGレシオは分析しずらい成長性の高い新興企業も分析することは可能です。

では、次にどのように計算するかご説明致します。

PEGレシオ計算方法

 

PEGレシオの計算方法としては、下記のとおりです。

 

PEGレシオ=PER÷利益成長率

 

利益成長率とは、1株当たり利益(EPS)の成長率を指します。

A社の今期予想EPSが1,000円で、来期予想EPSが1,200円なら、利益成長率は20%となります。

そのA社のPERが20倍と仮定しましょう。

その場合、PEGレシオを求める計算式は次のとおりになります。

PEGレシオ=20(PER)÷20(成長率)=1

つまり、A社の株は成長率と同じで取引されていると分かるのです。

 

PEGレシオの計算にあたっては、3年間の平均成長率を見るべきだとの意見もあります。

利益成長率は予想EPSを使用するため、"あくまで予測"でしかありません。そこだけご注意を!

PEGレシオの目安数値

PEGレシオにおける投資判断目安は以下のとおりです。

投資判断目安

  • 2倍以上:割高
  • 1倍~2倍:適切な株価
  • 1倍未満:割安

実際にPERが60倍、利益成長率が70%の会社があるとしましょう。

その時、その会社のPEGレシオは何倍になるでしょう。

PEGレシオ=60÷70=0.85倍と算出できます。

故に、PERが60倍もあるから割高と判断するのではなく、利益成長率も同時に考慮することによって実は割安の株だと気付くケースも多々ございます。

PERだけでは判断できないものも判断できるため利用価値は高いと思われます。

PEGレシオの欠点

すごく利便性の高いと思われるPEGレシオにも唯一欠点があります。

それは、利益成長率がマイナスの場合です。

来期の1株あたり利益(EPS)の予想が、今期と比較して減益予想だったり、もしくは3年間の利益成長がマイナスのような場合に、PEGレシオはマイナスの値を示します。PEGレシオがマイナスの場合、投資判断を行うことが不可能なのです。

つまり、利益成長率がマイナスの場合はPEGレシオは機能しないという欠点を抱えているのです。

PEGレシオは楽天証券で簡単確認

PEGレシオは自分で計算することも良いですが、楽天証券なら最新のPEGレシオが表記されていますので、簡単に確認することが可能です。また、スクリーニングによって絞り込みも可能で非常に便利です。

楽天証券の提供している「スーパースクリーナー」を使うと、一定の条件で絞り込んだ後に、PEGレシオをランキング形式で表示することも可能です。

ただし、楽天証券での「PEGレシオの閲覧」、「スーパースクリーナーの利用」は口座開設をした人だけの特権となっています。

無料で簡単に口座開設が可能ですので、ぜひ口座開設することをおすすめします!

 

楽天証券の会員ページに表示されるPEGレシオは、「1時間毎に更新」されており、常に最新の情報を入手できます。

スマホアプリ「iSPEED」からは、「指標 → コンセンサス情報」のページで、PEGレシオを閲覧できます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

PEGレシオはPERで計算できないような成長性の高い銘柄も分析することが可能です!

計算式も簡単なうえ、楽天証券などの一部の証券会社では分析結果が記載されております。

非常に利便性が高い分析指標なので、頭に片隅にでもPEGレシオのことを入れておいて頂けると、幸いです☺

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!