日本の仮想通貨取引所Zaifは20日未明、不正アクセスにより日本円で約67億円相当(BTC、MONA、BCHを含む)の同社が管理する仮想通貨の一部を流出したと発表しました。

現在確認を急いでいる。金融庁と捜査当局に報告し、調査や顧客資産の財源確保に努めているという。

ハッキングにより失った仮想通貨のうち、被害額が判明しているのはビットコインのみ。金額としては、5966BTC。

二次被害防止のためにサーバを現在再稼働させておらず、モナコインとビットコインキャッシュの被害額は確定できていない。

流出した約67億円相当の仮想通貨のうち、同社の資産は約22億円、顧客の預かり資産は約45億円。

顧客資産の財源確保のため、取引所を運営するテックビューロ社は、ハッキング発覚後、直ちにJASDAQ上場企業である株式会社フィスコ、カイカの2社と支援契約を20日に締結した。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!