こんにちは。くまねこ(@km716nk)です。
今回はビットバンクへの入出金方法、取引のやり方をまとめましたので参考にしていただければと思います。

口座開設については下記の記事をご覧くださいね。詳しく解説しています。

口座開設申込をして、郵送書類の受取も済んだので手続き完了!・・・で?次どうすんの?

仮想通貨取引が初めての方、ビットバンクを初めてお使いの方はそう思うかもしれません。
今回はビットバンクのアプリを使ったやり方で進めていきますね。

ダウンロードはこちらからお願いいたします。

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
開発元:bitbank,Inc
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

ビットバンクへの入金方法

口座開設ができましたら、次は口座への入金が必要です。
入金は、ビットバンク株式会社への銀行振込のみとなりますので、
銀行窓口、ATM、インターネットバンキングのいずれかで振込手続きをします。

振込についての余談
振込手数料が安く済むので、ATM、インターネットバンキングを利用するといいでしょう。
ただし、現金で10万円以上の振込はATMでは取扱いできませんのでご注意ください。
免許証等の本人確認書類(顔写真付きが望ましい)を持って、窓口に行きましょう。

また、基本的に銀行など金融機関の窓口での当日中の振込受付は14時まで。
14時を過ぎると翌営業日扱いになってしまいます。
例えば、金曜日14時半に窓口で手続きをした場合、翌営業日の月曜に処理されますので、
入金までかなり時間がかかってしまいます。こちらも注意してくださいね。

 

アプリをダウンロードしたらまずログインをしてください。
上の画像、①画面になりますので、黄色の枠で囲んだ箇所をタップします。

 

 

入金画面③が出ましたら、日本円の入金をタップ。
すると、振込口座の案内画面④になります。

振込先金融機関は、住信SBIネット銀行、受取人はビットバンク株式会社です。

振込の際の注意
依頼人は私たち個人となりますが、依頼人名の前に入金番号を入れなければなりません。
9桁の入金番号+自分の名前、という依頼人名になります。
番号を間違えると、入金の反映が遅れる可能性がありますので注意しましょう。

窓口での手続きの際は、振込依頼書の依頼人名欄に9桁の入金番号をと自分の名前を記入すれば、
窓口のお姉さんがその通りに振込をしれくれますよ。

ATM、インターネットバンキングでの手続きの際は、自分で依頼人名の変更をします。
入力間違いなどないよう気を付けてくださいね。
メーカーや機械の種類によって依頼人名の変更ができないATMもあるかと思いますので、一度窓口で聞いてみてください。

 

また、住信SBIネット銀行の口座を既にお持ちの方は、そこから振込手続きをしていただくと同一の銀行間の振込となるので手数料はかかりませんし、休日でもすぐに入金が反映されます。

なるべく手数料は支払いたくないので、次回からのために、住信SBIネット銀行の口座を作っておくのも良いかもしれませんね。
カードを発行すれば、イオン銀行ATMなどから手数料無料で入金、ビットバンクへの振込も手数料かからずできますよ。

 

 

早ければ数分で入金が反映されます。この画面で確認してくださいね。

リップル購入の手順

 

入金した1万円で、実際にリップルを指値注文で購入してみました。
その手順を説明していきますね。

 

 

アプリの画面①より、リップルを選択します。
②の画面になりますので、注文をタップしてください。

 

 

次にこちらの画面③です。
今回は指値を選択しています。

この時の価格が28.600円でしたので、28.580円になったら買おう!と決め、
28.580円で注文しました。(④)

次に数量を決めますが、私は1万円分購入しようと考えていたため、
数量は飛ばして、⑤いくら分購入するかを入力しました。
間違いがないか確認し、⑥注文をしましょう。
注文内容の確認が出てきますので、よければ実行をタップしてくださいね。

指値注文と成行注文
指値注文
価格を指定して購入すること。
「リップルの現在の価格が30円。28円になったら買いたいなあ」
こういった場合に、28円で注文をし、28円に下がったときに購入できます。
安く購入できますが、28円に下がらなければ購入できませんので、
もちろん購入できない可能性もありますから注意してくださいね。
しばらく経っても購入できなかった場合、キャンセル扱いになることもあります。
成行注文
価格を指定せず、現在の価格で購入すること。
「リップルが現在28円だから成行注文で今購入しよう!」
この時、たまたま28円→35円になり、またすぐに28円に戻ったとします。
タイミングが悪く35円で購入してしまう、ということも起こりうるのです。
すぐに購入でき便利な成行注文ですが、高く買うことになってしまうという場合もあります。

 

 

注文画面を切り替えると、注文の一覧④を見ることができますよ。
価格が28.580円に下がり、購入が実行されると一覧から消えますが、
それまででしたら、CANCELより注文を取り消すことも可能です。

無事に購入が実行されると、画面⑤のリップル欄に反映されますのでご確認くださいね。

以上でリップルの購入手続き完了です!
あとは価格が上がるのを楽しみに待ちましょう。

 

リップル売却の手順

 

28.580円購入したリップル。
価格が上がってきたので、次は指値注文で売却をしてみます。

 

 

購入の際と同じように注文画面②に進みます。
間違うことはないと思いますが、リップルの注文画面かどうか確認してくださいね。

 

 

「28.580円でリップルの価格が上がってきた!よし、31.330円のときに4000円分くらい売ろうかな!」
という画面が③です。

リップルの注文画面であることを確認、「指値」「売り」を選択していることも確認しましょう。
いくらで売りたいかを④へ入力したら、次はいくら分売るかです。
注文ボタンの上にあるバーを動かすことで自動で入力されますよ。
⑤の入力作業を省くことができるので便利です。
明確に売る金額を決めていなければ、バーを操作しだいたいの金額を自動入力、でもいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!