どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

いきなりですが、皆さん株式投資をする上で高PER株から疎遠になっていませんか?

多くの専門家、証券アナリストたちは『毎日この銘柄は割高、あの銘柄は割安』と意見を述べていますね。
これらの評価は何に基づいて判断されているでしょうか?

そう!それはPER(株価収益率)です。

本日、このPERについて誤った情報が発信されてきたことに対して記事を書きました。

スポンサーリンク

そもそもPERとは?

PER(株価収益率)とは、株価が割高か割安かを判断するための指標であり、株価が1株当たりの当期純利益の何倍になっているか示します。

『PERが低ければ低いほど、会社が稼ぐ利益に対して株価が割安である』と世間一般では広まっております。

PERを算出する具体的な計算式は下記の通りです。

PERの計算式

PER(株価収益率)=時価総額÷純利益
または、株価÷1株あたりの利益(EPS)
※時価総額とは、株価×発行済み株式数を指します。会社の価値を表しております。

 

 

上の画像はSBI証券のアプリです。

赤く囲ってある部分に『時価総額』が記載されています。

PERを用いれば、株価がその会社の利益に対して割高・割安判断することが可能であり、この指標だけを基に取引している友人もよく見かけます。

果たして、そんな神懸かり的な指標なのでしょうか?

実は誤解されているPER

 

『PERさえ見れば銘柄を選択できる』と話している友人がいました。

これは間違いだと思われます。PERを単独で見ることは最も役に立たない指標のひとつだと言えるでしょう。

PERは過去の結果を表した値であり、株式投資を行う上で重要な要素:将来について考慮していない。

予想利益を用いて、予想PERを算出することは可能であるが、あくまでも"予想"である。

豆知識

将来PER=株価÷予想EPS

企業側が発表していた予想利益が期待外れで、下方修正をすれば、将来PERの分母である利益は小さくなり、PERの値は高くなってしまいます。将来PERが割安だと思って購入したのに、下方修正があれば、割高で買ってしまったことになります。

だから、PERだけで銘柄を選択するのは間違っているのです。

PERが投資根拠のアナリストの意見は参考にするな!

 

アナリストの中にはPERが歴史的な低水準である大幅に下落した銘柄の購入を薦めている人もいる。

そもそも、株価がそこまで大幅に下落しているということは決算が相当悪いと予想されているからだと考えられます。

そして、PERが歴史的な低水準である大幅に下落した銘柄を薦めていたアナリストが『ここまで低水準のPERは割安だ。買いだ。』と自信満々に判断したことは"ある事"で状況が一変します。

それは、アナリストが予想していた数字にも決算が満たない場合です。

この場合、PERが歴史的な低水準だと思って購入したのに、実は割高だったとなるのです。

分かり易い具体例

例えば、株価が1,000円、EPSが10円と予想していたとしよう。

この場合、PERは1,000÷10=100ですね!

しかし、EPSを10円と予想していたが蓋を開けたら実際は10円までいかない5円だったとしよう。
そうすると、PERは1,000÷5=200となる。

割安と判断して購入したのに、蓋を開けたら割高だったとケースは多々あります。

高PER株を投資対象から外すな!

 

皆さん、高PERの銘柄はそもそも投資対象から外していませんか?

世間一般では高PERの銘柄を購入することは割高な銘柄を購入していると同じという誤解から避けている人が多いですね。

しかし、実際はそうではありません!!

会社の急成長が見込まれる銘柄は、非常に高いPERで取引されております。

成長の速い会社のPERが成長の遅い会社PERより高いのは理にかなっています。

PERが高いだけで投資対象から外すという行為は最大級の上昇を遂げるかもしれない多くの銘柄を逃すことになるでしょう。

 

将来性が高く、急成長をしている、本当にワクワクする会社は安売りコーナーでは見つけることは不可能ですよね?
100円ショップで、超一流の商品は見つかりませんよね。
本当に本当に優れた銘柄はほとんど株価が高く見えることでしょう。
しかし、その株価が高く見えることから投資対象から外してしまい、千載一遇のチャンスを逃しているのです。

 

抜け目ないの熟練トレーダーは市場で最高の銘柄を手に入れるためにはお金をより支払わなければならないと気付いています。

株価を動かすのはPERではなく、需要

 

実際、多くの人の考えに反して、株式市場ではPERなどといった数値的な尺度に基づいて取引が行われているわけではない。

もしそれらに基づいて取引が行われているのならば、コンピューターが数値的な尺度に基づいて取引を行えば、絶えず利益を得ることが出来るでしょう。また、決算書を読むことが投資の神髄ならば会計士は世界一の投資家になれるだろう。

株価を動かすのはそれらでは無いのです!

決算書、新製品、新業界、新しい経営陣、PER・PBR、将来の業績予想・・の何についてであれ、投資家の意欲を掻き立てるような"それら"に対する人々の受け止め方で株価は動きます。

株価は価値によって動くのではなく、人々がそれらを受け止め、買い注文を出すことで動くのです。

最終的に必要なものは需要なのです!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!