どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

仮想通貨を取引する上でよく耳する「Fiat(フィアット)とは何か?」という疑問を持たれている初心者の方に向けて、仮想通貨をFiatに戻す重要性も含めて詳しく解説しました。

経験者の方からしたら「今さら解説してどうする!」と思われるかもしれませんが、3分以内に読める記事ですので、トイレに入りながらでも一度ご覧頂けたら嬉しいです!笑

スポンサーリンク

Fiat(フィアット)とは何?

FiatはFiat Money, Fiat Currencyが語源の元になっており、法定通貨という意味です。

法定通貨とは、国が発行した通貨のことであり、円(JPY)・ドル(USD)のことを指します。

つまり、Fiat(フィアット)=円・ドルなどの法定通貨と覚えてくださいね!

よく仮想通貨を取引する上で「Fiatに戻す」という言い方を聞いたことはありませんか?

Fiatに戻すということは、仮想通貨を保有しているとリスクが高いから売却し、法定通貨に換えるということです!

仮想通貨をFiatに戻す重要性

仮想通貨に投資をしていると良い相場、悪い相場の両方を経験することになります。

良い相場にいるときは、仮想通貨が値上がりし続けるので、Fiatを保有しているより仮想通貨をより持ちたいと思うことでしょう。

しかし、悪い相場に遭遇した時は仮想通貨をFiatに戻す必要性が出てきます。

相場が悪い流れの時は仮想通貨がどんどん値下がりします!

仮想通貨で保有しているとポートフォリオの価値が下がり続けることになり、あまり賢くない選択です。

そこで、「相場悪い・何か様子がおかしい」と感じたら、ポートフォリオの内ある程度の仮想通貨はFiatに戻すことをお勧めします。Fiatの価値は安定しているので、どんな下げ相場が来ても怖くありません!

Fiat(フィアット)に戻すことによって、資産を守ることが可能なのです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!