どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。
今日は、仮想通貨 エニグマ(Enigma/ENG):について解説したいと思います。
エニグマは、アメリカ合衆国のエリート名門校MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究から誕生し、イーサリアムが抱えていた問題を解決することが出来る仮想通貨です!

スポンサーリンク

エニグマ(Enigma/ENG)とは?

通貨名称エニグマ(Enigma/ENG)
発行枚数150,000,000CHZ
ホームページ公式サイト
ホワイトペーパー日本語版WP

エニグマ(Enigma/ENG)の特徴

シークレットコントラクト

エニグマの特徴はここだけが非常に重要だと言いたい。
それは、シークレットコントラクトという特徴です。

くまねこ
シークレットコントラクトってどういうものなの?

Hpp
シークレットコントラクトとは、スマートコントラクトを暗号化したまま実行し、プライバシーを保護します。また、スケーラビリティ問題も解決できるのです!

 

現在イーサリアムは以下の2点の問題を抱えております。

抱えている問題

  • プライバシーの保護
  • スケーラビリティ問題

「プライバシーの保護」・・・イーサリアムのブロックチェーン上のデータは公開されており、スマートコントラクトの内容も誰でも見ることが可能。プライバシーの保護が出来ておらず、データ自体を秘密にしたい場合などには適していない状況。

「スケーラビリティ問題」・・・トランザクションの処理できる数が限られ、データ処理速度が遅くなり、送金に時間がかかってしまう問題。スケーラビリティが低い仮想通貨は取引に時間がかかります。

これらの問題を解決してしまうのがシークレットコントラクト!

 

イーサリアムブロックチェーンの上に乗っている二層目のパブリックオフチェーン(ブロックチェーン上に記録しない)のシステムとして稼働している「Enigmaプロトコル」というものがあります。これを利用するとスマートコントラクトをシークレットコントラクトにすることが可能になります。

シークレットコントラクトを利用すると、暗号化したままデータを処理することが可能になり、スケーラビリティ問題においては複数のノードがシークレットコントラクトをランダムに実行することにより、データのやり取りにかかる負荷を軽減することが可能となり、送金にも時間がかからなくなります。非常に実用的!

Intelと業務提携


EnigmaとIntelが公式に秘匿演算の開発を行う。

秘匿演算とは、簡単に説明すると「データを暗号化したまま計算できる技術」です。

医療系・DNA研究のデータは公開してしまうと他社に奪われる可能性がある。

しかし、データの計算を大量に行いたい。というニーズが多く存在する。

そのニーズに応えるための新しい技術です。

Intelと業務提携した事はプロジェクトがしっかりしているという証であり、期待しても良いのではないでしょうか。

Enigmaの実用性

Catalysy

 

Catalystとは、Enigmaプロトコルで構築された最初のアプリケーションであり、仮想通貨市場の値動き・売買などのデータをコンピューターで保管、計算処理することが可能であり、そのデータをエニグマ(Enigma/ENG)を用いて自由に売買することが可能です。

 

Check!Catalystの詳細ページ

医療データ

 

病歴・何の薬を投薬歴などの患者様のデータはプライバシーの問題で共有しずらい個人データですが、共有することが出来れば今後の研究などに役立てる可能性が高く、別の病院でのデータ活用・今後の医療研究などで積極的に利用した方が医療は発展していくでしょう。しかし、プライバシーに関わるデータなので共有出来ていないケースが多いという現状。

このような医療現場でも、シークレットコントラクトを利用すると解決できる部分が多く、利用されれば医療の研究が加速し、医療はより進んでいくでしょう!

Enigmaの買い方

Enigmaは下記の四ヵ所の取引所で取引することが可能です。

取引可能な取引所

  • バイナンス
  • Huobi
  • Upbit
  • Bittrex

取引量世界一の取引所:バイナンスで取引されることを私はお勧めします!

取引量も多いことから、流動性が高く、自分が思う金額で購入することが可能です。
取引量が少ない取引所ですと、想定外の金額でしか購入出来ないというパターンも多いです。
バイナンスの口座開設・使い方については別記事にて解説させて頂きましたので、参考にしてください!

まとめ

エニグマ(Enigma/ENG)は、シークレットコントラクトにより現在イーサリアムが抱えている2つの問題を解決することが可能であり、世界的大企業:Intelとも業務提携済み。
ブロックチェーンを今後企業が使う際にもプライバシーの問題でEnigmaが利用される可能性が大いにあり、また既存の医療現場などでは大きな恩恵をもたらすでしょう!

動向を注視すべき通貨です(*'ω'*)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!