どうも!Hpp(@hpp_tbr)です!

仮想通貨を取引所で保管しているけど、不安という方たくさんいらっしゃいます。
ハードウォレットに保管したいけど高くて買えない。というお声もよく聞きます。
それらを全て解決してくれるのが仮想通貨をスマホで管理できるアプリ:Gincoです!

本日は、スマホで大切な仮想通貨を安心・安全に保管できるアプリ:Gincoの特徴・使い方を解説したいと思います。

スポンサーリンク

Gincoとは?

 

Gincoとは、株式会社Gincoが提供する仮想通貨モバイルウォレットです。

モバイルウォレットは他にも色々ございますが、海外で開発されたものばかり・・・
やはり、海外で開発されたものだと利用する時、不安になりますよね。
「不具合起きたらどうしよう・・・」
「使い方分からない。説明は英語でしか書いてない(´;ω;`)」などなど。

Gincoは、日本の企業が提供しているものであり、まさに日本人のためのウォレットです。
全て日本語表記・ユーザーインターフェースもシンプルで非常に使いやすい。

また、LedgerNanoSなどのハードウォレットは値段が高いけど、Gincoも高いんじゃないの?って思われる方もいらっしゃると思います。

なんと!Gincoは無料でインストールすることが可能です!

 

Gincoの特徴

高水準のセキュリティ

ある日突然、取引所に預けていた大切な仮想通貨がハッキング・不正ログインによって失われることがあります。
大丈夫だと思っていたCoinCheckにおいてもNEMの流出事件がありました。
いつそのような目に遭うか私たちも分かりません。
Gincoはそのような目に遭わない為の一つの手段です!

Gincoでは、ユーザーの端末にしか資産へのアクセス権を置かないクライアント型方式のウォレットです。
また、独自の暗号通信方式を採用しており、高水準のセキュリティを実現しております。

Hpp
クライアント型ウォレットとは、秘密鍵と呼ばれる、一人ひとりに割り当てられる資産の認証コードを、開発会社のサーバ内にて集中的に保存しないタイプのウォレットのことです!

説明書が全くいらないシンプルさ

Gincoは、全ての日本語に対応したユーザーインターフェースです。
非常にシンプルな作りになっており、仮想通貨のややこしい管理も簡単にストレス無しで管理できます!
本当に日本人のためのウォレットと呼んでも過言ではありません。

 

仮想通が必要な機能のすべてがGincoに収まっている

Gincoは、仮想通貨を取引する上で必要な機能が全て詰まっております。
これからさらに様々な機能を追加予定です。

一つのアプリに詰まっているのは非常に便利。利便性が高い。

Gincoの機能

  • 資産状況を把握するポートフォリオ機能
  • 仮想通貨同士を交換する両替機能
  • 法定通貨から仮想通貨を購入する機能
  • 様々な分散型アプリケーション(dApps)に接続するプラットフォーム機能
  • 分散型取引所(DEX)との接続機能

対応通貨

 

Gincoでは現在以下の15種類の仮想通貨に対応しております。

8月6日に大人気通貨:XRP(リップル)に対応し、投資家の間ではかなり話題になっております。

今後、NEO・LISKなどにも対応すると公式サイトに記載されており、これからさらに対応通貨を増えていくでしょう。

対応通貨

  • Ethereum
  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Litecoin
  • XRP
  • Augur
  • DigixDAO
  • Enigma
  • OmiseGO
  • 0x
  • Kyber
  • Zilliqa
  • Zilla
  • Status
  • Decentraland

Gincoの使い方

インストール&アカウントの作成

インストール&アカウントの作成はわずか1分程しか時間はかかりません!
カップラーメンを作っている間に作ってしまいましょう♪

まず、AppStoreからGincoのアプリをインストールします。

 

「今すぐ始める」をタップ!

まず、ユーザー名を決めていきます。

英数字・ひらがな・カタカナでも構いません。

後から変更することも可能です。

※氏名じゃなくても大丈夫!

 

次に数字6桁の暗証番号を設定していきます。

他人に想像のつきにくい暗証番号を設定しないと万が一の時が怖いです。

 誕生日・電話番号と同じ数字はお勧めしません。

 

Gincoを利用する上での利用規約の確認です。

確認が出来たらチェックを入れていき、「Gincoを始める」をタップ!

 

 

ここまででアプリのインストール&アカウントの作成は終了です!

お疲れ様でした!

 

Gincoのインストールはこちらから!

バックアップの設定

Gincoに仮想通貨を入金する前に「バックアップ設定」をすることをお勧めします!

スマホを紛失した場合、故障してアプリを起動できない場合、機種変更した場合に、バックアップの設定を行っていないとウォレットを復元させることが出来ません。大切な仮想通貨も無くなってしまいます。

必ず、Gincoを使い始める前にバックアップ設定をしてください!

 

 

バックアップ設定は「バックアップキー」と呼ばれる12個の単語をメモして保存することで行います。

まずは、右上の赤く囲ってある人の形をタップ。

次に、「セキュリティ設定」をタップ。

そして、「バックアップを実行」をタップします。

タップすると、以下の画面に進みます。

赤く囲ってある「次へ」をタップしてください!

 

 

ここから準備して頂きたいものが3点ございます。

必要なもの

  • 紙とペン
  • 他人に見られない場所
  • 3分の時間

「バックアップキーを表示」をタップすると、12個の単語が表示されます。

12個の単語を並び順通りにメモを取ってください!

これがバックアップキーになります。

スクリーンショットでの保存は万が一の事があるのでお勧めしません。

ちなみにスクリーンショットをするとこのような画面が表示されます。

やはり、端末にバックアップキーを残していることは危険性が高いのでしょう。

 

12個の単語を並び順にメモを取って次に進むと、その並び順に単語を入力するように促してきます。

メモを取った紙を見ながら順番に入力してください。

正しい順番で入力することが出来たら、バックアップ設定完了です☺

起動時に暗証番号入力要求&Touch ID・Face IDの設定

Gincoを起動したときに暗証番号の入力を要求するように設定します。

もし何処かに置き忘れたり・盗まれたりしても、暗証番号が分からなければ、Gincoを起動出来ないので盗まれるという心配はございません。また、Touch ID・Face IDにも対応しているので、開く際も簡単にロックを解除できます!

ホーム画面の右上にある人の形をタップ!

 

上の画面に進みますので、「起動時に暗証番号を要求する」・「Face IDの利用を許可する」をオンにしてください。

オンにすれば、起動時に暗証番号を要求するように設定完了です!

入出金方法

ここからGincoへの入出金方法について詳しく解説していきたいと思います。
非常に簡単ですので、心配しないでください!
基本的には取引所でのやり方と一緒です♬

入金方法

まずは、入金方法です。
ホーム画面において。入金したい通貨の「受け取る」をタップ!

上の画面が開きますので、赤く囲ってあるアドレスに移したい他の取引所から入金してください!

このアドレスに入金すれば、Gincoの残高に反映されます。

出金方法

 

 

次に出金方法です♬

まずは、出金したい通貨の「送金する」をタップしてください!

すると以下の画面が開きます。

バーコードを読み込んで送金することも出来ますが、取引所に送金する場合はほとんど「アドレスの貼付け」を選択です。

 

赤く囲ってある部分に送りたい取引所のアドレスを入力していきます。

そして、送りたい通貨量を入力し、「送金する」をタップすれば送金完了です!

まとめ

Gincoの特徴・使い方の説明いかかでしたでしょうか。

これからますます対応通貨も増えていく考えられ、無料でインストール出来る優良モバイルウォレットアプリでしたね!
Ledger NanoSなどのハードウォレットを利用するのが個人的には一番セキュリティが高いと思いますが、その分値段もします・・・
そんなお金を出せない方という方には、Gincoのインストールを本当にお勧めします。

また、既にLedger NanoSなどのハードウォレットをお持ちの方でも使い分けるためにアプリを使うのも一つの方法ですね(*^^)

Gincoの特徴

  • 仮想通貨モバイルウォレット
  • 無料でインストール可能
  • 高水準のセキュリティ
  • 説明書のいらないシンプルさ
  • 仮想通貨を取引する上で、必要な機能が詰まっている
  • 15種類の対応通貨

さあ!1分でアカウントの作成は出来ます。
安心・安全にあなたの大切な仮想通貨を保管しましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!