こんにちは!Hpp(@hpp_tbr)です!
本日は、Neoがエアドロップを行い誕生させた「Ontology」について特徴・買い方詳しく解説してみました。

スポンサーリンク

Ontology(ONT)とは?

 

通貨名称Ontology(ONT)
発行枚数10億ONT
ホームページ公式サイト
ホワイトペーパー日本語版WP

 

NEOのエアドロップで誕生

Ontology(ONT)は2018年3月に多くの投資家から人気を集めているNEOからエアードロップされた仮想通貨です。

NEOといえば、世界の送金システムプラットフォームを目指す「リップル(XRP)」に匹敵するほどの処理能力を有しているとされるため、ビットコインなどで頻繁に起きる送金・情報処理の遅延は、Ontology(ONT)においては心配する必要がないと考えられます。このように、NEOが背景で関わっていることで、期待の声がかなり集まっております。

 

NEOとの統合

Ontology(ONT)は将来、NEOと統合することが既に決定しており、公表されております。

NEOの動向・信頼性とOntology(ONT)の信頼性は相関関係があり、Ontologyのブロックチェーンによる技術・情報提供・管理は、相対的にNEOの市場評価に繋がります。

また、開発面においては、NEOは多様なプログラミング言語での開発が可能であるため、開発環境に行き詰る可能性はほとんど無い利点があります。

故に、Ontology(ONT)とNEOの優れたブロックチェーンネットワークの提供によって市場が活性化すれば、世界中に広まり、利用される可能性もあります。

Ontology(ONT)の特徴

高性能なパブリックブロックチェーン

 

Ontology(ONT)は、あらゆるもの・人々・企業にブロックチェーン技術を提供しつつ、ブロックチェーンに付随する情報などを一括管理して利用できる高性能なパブリックブロックチェーンです。

 

ユーザーは公共機関、金融機関、企業、家族といった場所に散らばったご自身のデータを、プラットフォームで一括管理が可能になります。それらの情報は安定性を保ったまま自分の思うまま自由に利用できるので、様々なサービスを簡単に受けられるようになると思われます。

今日、私たちが生活をする上で、自身のデータが様々な場所に保存されていますよね。

国、市町村、取引金融機関、企業、病院などに・・・

そのような多数存在するデータをブロックチェーンで紐付けでき、一括管理することが可能になるのです!私たちの日々の生活を少し便利に変えてくれるかもしれませんね。

のり(@musuko_crypto)が非常に分かり易くまとめてくださっています。ぜひ、参考にしてください!!

 

人々に対しての認証システム

ユーザーは公共機関、銀行、企業、家族、同僚、友人などの様々なソースから、自身の識別データを収集し、管理することができ、また自身の包括的なプロフィールが一目で分かります。ご自身の包括的なデータが一目で分かるとかなり便利だと思います。

Hpp
ご自身の資産状況・経験・所有スキル・特性等が一目で分かります!便利すぎる!

 

モノに対しての認証システム

モノの所有者・生産者の管理下において、それぞれのモノにデジタルアイデンティティを分散型ネットワークに登録することができます。各オブジェクトには独自のAPIがあり、他のデジタルアイデンティティ所有者と情報交換をすることができます。

モノ(オブジェクト)に対しても、様々な場所からデータを収集し、管理することができます。

具体例として、車を挙げてみます!

車もその車自体が持つデータがありますよね。

例えば、以下に取り上げるデータ。他にもたくさんあると思います。

車が持つデータ
  • 所有権
  • 価格
  • 製造元

これらのデータがプラットフォーム上で一括管理でき、一目でその車のデータが分かります。
一つのプラットフォームで様々なデータを一括管理して、利用できるのは非常に便利ですよね。

また、Ontology(ONT)はブロックチェーンに疎い企業に対して、気軽にブロックチェーン技術を利用できるようにするためのインフラを整えるのいったもので、信頼性のある契約・業務の遂行等を支援します。
取引や業務遂行が容易に進めれ、またOntologyは「リップル(XRP)」に匹敵するほどの処理能力を持っているので、作業全体の時短にも期待ができるでしょう。

トップクラスに速い処理速度

 

Ontology(ONT)は、NEOのアルゴリズムを採用しており、トップクラスに速い処理能力を有しております。

なぜ、そんなに速く処理することが出来るのか。

それは、コンセンサスアルゴリズムに「DBFT」を採用しているからです。

くまねこ
コンセンサスアルゴリズムって何~?

Hpp
ブロックチェーンは管理者のいない非中央集権システム!
しかし、管理者がいなくても取引が発生した場合、誰かがその取引に不正がないか確認しなければなりません。コンセンサス・アルゴリズムとはこのときの「誰がチェックするか?」を決めるルールのことですよ!

Hpp
「DBFT」とはランダムで選ばれた誰かがブロック生成役となり、それ以外の人が投票してそれが妥当か投票して可決するというルールのことです。
この仕組みによってトップクラスの速い処理能力を有しているのだよ!

くまねこ
なるほど!そういうことね!
実際に他の通貨・サービスと比べてどれくらいの速いの?

 

実際にどれくらい速いのか。比較表を作成しましたので、下記をご覧ください。

サービス/仮想通貨名取引処理数(件/秒)
Bitcoin(ビットコイン)5-6
Ethereum(イーサリアム)15
Ripple(リップル)1,500
Ontology(ONT)1,000

 

ビットコインは1秒間に5~6件の取引、イーサリアムでは1秒15件と言われております。

それに対して、NEO(ONT)はなんと1秒間に1,000件の取引を処理することが可能であり、主要通貨よりも遥かに速い取引処理能力を有しております。

また、将来的には現在の10倍の処理能力になると言われており、そうなれば1秒間に10,000件以上処理することが可能となります。

取引処理速度はその通貨を利用する側からしたら非常に重要なポイントであると言えるでしょう!

スマートコントラクトを実装


4月27日に発表されたSmart Xというスマートコントラクトを実現するツールを発表しました!

 スマートコントラクトとは、契約の自動履行という意味!

 

現在の契約は、書面に日付・金額等の自筆・押印が必要ですが、スマートコントラクトを使用することで、ブロックチェーン上に契約情報が書き込まれ、自筆・押印の必要が無くなります!

これが、契約の自動履行なのです!

中国最大手アリババと業務提携

Ontology(ONT)は、非常に非常に大きな企業と資本提携をしております。
中国最大手企業「アリババ」とです!
アリババの資本が入っていることからプロジェクトが成功する確率が高いと思われます。

俯瞰図によるパートナーとの関係

 

のり(@musuko_crypto)がまたまた非常に分かり易くまとめてくださっています。

ぜひ、参考にしてください!

詳細に関してはカズトさんが記事にしていました。

そちらも参考にして頂ければ、理解度が進むと思われます!

買い方

Ontology(ONT)は、以下の取引所に上場しております。

上場している取引所

  • Binance(バイナンス)
  • Bit-Z
  • huobi

世界No.1取引高を誇る「Binance(バイナンス)」に上場しており、取引高も多いことから、希望の価格帯での注文が通り易い「Binance(バイナンス)」での取引をお勧めします!

口座開設されていない方は、口座開設~使い方まで詳しく解説!全まとめの記事を書かさせて頂きました。

ぜひ、参考にしてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!