こんばんは。Hpp(@hpp_tbr)です!
仮想通貨に関して色々と調べているとよく出会わすこのICOとはそもそも何か。について解説してみました。

スポンサーリンク

ICOとはそもそも何か

仮想通貨に関して色々と調べているとよく出会うこのキーワード:ICO
皆様、どういう意味かご存知でしょうか。

 ICOとは、Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリングの略であり、資金調達を行いたい企業が独自の仮想通貨を発行・販売し、資金を調達する手段のことを指します。

 

プレセール・トークンセール・クラウドセールとも呼ばれることもあります。

株式投資をされている方は、IPO:Initial Public Offering/新規株式公開というキーワードをご存知でしょう。

ICOは簡単にまとめると、そのIPOの仮想通貨版です。

しかし、違いがございます。

ICOとIPOとの違い

ICOとIPOでは一体何が違うのでしょうか。

本来の目的は同じです。それは、資金調達をすること。

しかし、その資金調達を行う過程が根本的に違います。

IPOは株式市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。

株式を上場させる為には証券会社の協力が必要であり、自社だけでは資金調達を行うことができません。

また、新規上場するために事業計画書・決算書の開示等をする必要があります。

それに対して、ICOはこのような過程を行う必要がほぼないです。自社だけで資金調達をほとんど行うことが可能。

故に、資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることが可能です。

ただし、良いことばかりではありません。

ICOは手続きが容易に行える利便性がある反面、投資家側を保護するルールが全く整っていません。

詐欺目的のICOなどもあり、リスクの高い取引だと言えるかもしれません。

ICOのメリット・デメリット

上記の部分でICOのメリット・デメリットがかなり見えてきたと思います。
ここからは企業側・投資家側の両面におけるメリット・デメリットを分かり易くまとめていきます!

メリット

企業側のメリット

  • 小さなベンチャー企業や個人でも簡単に利用可能
  • 多額の資金調達ができる可能性がある
  • インターネットを利用してグローバルマーケットを相手に資金調達できる
  • 資金調達を行う過程で証券会社などを挟むことなく、投資家から直接資金調達できる
  • 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない

投資家側のメリット

  • 少ない資金でも購入できる
  • 自分の興味のある世界中のICOに参加できる
  • 投資した資金が数倍になる可能性がある

デメリット

企業側のデメリット

  • 確立された実務慣行がなく、正規業者や中央監督者が不在の為、責任の所在が曖昧
  • 失敗すると投資家(支援者)が大きな損失を被る可能性がある

投資家側のデメリット

  • 詐欺(scam)の可能性が稀にある
  • プロジェクト自体が失敗に終わる
  • 取引所に上場することができない
  • 上場後の急激な価格下落

まとめ

ICOとは
  • Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリングの略
  • 資金調達を行いたい企業が独自の仮想通貨を発行・販売し、資金を調達する手段
  • 小さなベンチャー企業や個人でも簡単に利用可能
  • インターネットを利用してグローバルマーケットを相手に資金調達できる
  • 資金調達を行う過程で証券会社などを挟むことなく、投資家から直接資金調達できる

ICOについていかかでしたでしょうか?
仮想通貨に関わっている以上、ICOは常に身近な存在となるでしょう。
ICOに投資を行う上でデメリットもありますが、メリット多々あります。
一度少額で自分の気になるプロジェクトなどに投資してみるのも面白いと思います。

上記ではご説明しなかったのですが、ICOを探すうえで「コイン相場」という便利なアプリがございます。
以前記事にまとめましたので、一度ご覧ください。ICOの情報を収集する上で非常に役に立ちます!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!