仮想通貨と関わっている上でよく耳にする「マイニング」とは何か。について専門的ではなく、分かり易く解説しました!

スポンサーリンク

マイニングとは?


そもそもマイニングとは何か。
Miningを日本語訳すると、「採掘」という意味。
採掘と聞くと、鉱山などで宝石・石炭などを掘っているイメージがありますよね。
仮想通貨のマイニングをそれに近いものがあります。

マイニングとは、ビットコインなどに代表される仮想通貨取引内容の確認や記録のための承認作業を行うこと。
ブロックに個々のトランザクションを記録し、ブロックチェーンに繋ぐ行為が承認作業とされています。

え・・・?意味不明。難しい・・・笑

仮想通貨の取引は国や銀行が管理(中央集権的)しているのではなく、ブロックチェーン技術を利用して皆で管理しており、中央集権的に管理されている訳ではありません。(非中央集権的)

しかし、仮想通貨の不正な送金や改ざん等がないかを検証する計算作業を行わなければなりません。

ブロックチェーン上の個々の取引データをトランザクションと呼び、それらをまとめてブロックを作ります。

このブロックをブロックチェーンに繋ぐことで、そのブロックに記録されたトランザクションは承認され(台帳に書き込まれる)、送金完了となります。
マイニングは、この流れの作業を行っているのです。

  • トランザクション:個々の取引データ
  • ブロック:複数のトランザクションをまとめたもの

ブロックをブロックチェーンの末尾に正しく繋ぐためには、繋ぐための鍵となる値を見つけなくてはいけません。その値を見つけるには高速なコンピューターを使って、膨大な量の計算をしなければなりません。

鍵となる値さえ見つかれば、簡単にそれが正しいということを検証できます。
故に、ビットコインの参加者は誰もが、それが正当な取引であることを確認できます。

マイニングの報酬

実は、鍵となる値を見つけ、ブロックをブロックチェーンに一番速く繋いだ人には、かなりの報酬が貰えます。

ビットコインのマイニング報酬

ビットコインにおいて、マイニングの報酬が支払われているということは皆様ご存知だと思います。

2018年現在は、報酬として12.5BTCを受け取ることができます。

え・・・?
12.5BTC・・・?

1BTC=100万円と仮定すると、1250万円分の報酬を毎回誰かが受け取っているのです。

しかし、そもそも何故マイニングを行うと、ビットコインを報酬として貰うことができるのでしょうか?

なぜマイニング行うと報酬が貰える?

ビットコイン等の仮想通貨のマイニングを行うと、なぜ報酬が貰えるのか。

それは、マイニングがビットコインのネットワークを維持するために必要不可欠な作業だからです。

上記でも解説した通り、ブロックチェーン上で管理されているビットコインは非中央集権的であり、中央管理者がいません。

中央管理者がいないため、取引データの記録やそのために必要な作業はネットワークの参加者の皆様に行ってもらう必要があります。

故に、ネットワークの維持を常時行ってもらうために、マイニングには報酬が存在しているのです。

マイニングを行うには膨大な電気が必要

マイニングは鍵となる値を見つけるためにパソコンの高速計算を行う為、パソコンの稼働に膨大な電力を消費しています。

2018年1月時点では、世界の消費電力の0.6%(140テラワット/年間)規模の電力がマイニングに使用されていると言われており、規模としてアルゼンチンの総消費電力と同等の規模となります。
1っの国の消費電力と同等の規模の消費電力を必要とされている現状には驚きを隠せませんね(;´・ω・)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!