Hpp(@hpp_tbr)です。
今日は、仮想通貨に投資をする上でよく耳にする「PoW」とは何か。また、「PoW」の強み・弱みについても解説してみました。

スポンサーリンク

コンセンサスアルゴリズムとは


銀行などの預金は、各銀行が管理者として不正が行われていないか取引を管理し、1っの台帳に記録する中央集権的なシステム。
それに対して、仮想通貨に使用されている大本の技術:ブロックチェーンは、非中央集権的なシステム。
非中央集権とは、管理者がいない。
しかし、仮想通貨を取引をする上では、不正が行われていないか確認しなければならないので、皆で取引の内容を確認します。
そして、確認した内容はそれぞれのサーバーに分散された台帳に記録されます。

コンセンサスアルゴリズムとは、皆のうち誰が確認するのか?という部分を決める方法です。

仮想通貨に投資をする上でよく耳にする「PoW」、「PoS」、「PoI」とはこの部分に当たります。
簡単にこれらの違いを説明しますと、取引を確認する人が違うのです。

PoW(Proof of Works)とは

PoWの強み
    • PoW:プルーフオブワークとは、取引検証作業量(CPUの計算量)に応じて、ブロックチェーンに取引を記録する「誰か」を決めるという仕組み

そして、この取引検証作業がよく耳にするマイニングというものです。
マイニングとは、取引内容などを台帳に記録すること。コンピューターを使用し、膨大な量の計算を行い、最初に解いたものに報酬として通貨が与えられます。
マイニングを行うものをマイナーと呼び、上記で説明した皆のうち誰が確認するのか?という部分はこのマイナーから選ばれます。
ただ、悪意のあるマイナーが存在した場合、取引を自分の都合よく記録される可能性が出てきます。その対策として、取引を記録する際に膨大な量の計算をさせているのです。

PoWの強み


PoWの強みは、悪意のある攻撃に強く、取引記録の改ざんに強いことです。
上記でご説明したように、膨大な量の計算が必要なため不正することが難しいのです。

取引記録を改ざんしようとする場合、一番新しいブロックを含めた今までの生成された過去のブロックを全て改ざんしないといけなく、膨大な量の仕事をしなければなりません。また、不正なブロックを生成しブロックチェーンに記録する場合、世界中のマイナーのコンピューターの計算能力を越えなければなりません。

不正行為を図るコスト面とマイニングから得られる報酬を比べると、マイニングで得られる報酬のが多い仕組みなっています!

Hpp
マイニングから得られる報酬 > 取引記録の改ざんを図る という式が書けるのじゃ!

故に、改ざんが不可能で、不正は発生しないと言われています。

PoWの弱み

PoWの弱み
    • 電気代
    • 51%攻撃

電気代
膨大な量の計算が求められていることから、電気代が非常にかかります。
一人暮らしの大学生がマイニングを始めて、電気代の請求が24倍になったという話もあるぐらい・・・笑
この部分は弱みだと言えるでしょう。

51%攻撃
大規模組織のようなマイニング専門集団が現状出てきております。このような集団が力を持ちネットワーク全体の採掘速度の51%を支配してしまうと、ブロックを不正生成できる可能性が出てきます。
現実的には難しいと言われていますが、2013年12月には、Ghash.ioというビットコインのマイナー集団の採掘速度が50%を超えそうになり、この51%攻撃が大きな話題となりました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事