株式投資の完全ロードマップを無料で公開中!

たった1記事で仮想通貨ADKの全てを教科書のように分かりやすく解説

Hpp

どうも!
銀行員ブロガーHppです。
プロフィールはこちら!

???

  • 仮想通貨ADKってなに?
  • 仮想通貨ADKはどんな特徴なの?
  • 仮想通貨ADKはどうやって買うの?

という疑問・悩みを解決できる記事になっております。

 

仮想通貨ADKは様々な新しいニュース・材料が次々と出てきており、情報を追っていくのが難しい現状です。

しかし、当記事では最新情報を含め、他のサイトよりも詳しく解説させていただきます。

 

記事の前半では仮想通貨ADKの特徴を解説しつつ、記事の後半では『仮想通貨ADKの将来性・買い方』を具体的に解説します。

 

当記事を読み終えると、他のサイトを読んだ人よりも『仮想通貨ADK』について詳しく理解できるでしょう!

 

人気急上昇中の仮想通貨取引所
公式サイト

国内取引量・セキュリティ対策No.1!

リップル(XRP)取引するならここ

非常に使いやすいため、初心者の方におすすめの取引所です☺

公式サイト

上場企業GMOインターネットが運営

セキュリティは強固・信頼性も抜群!

口座開設で20000satoshi分のBTCが貰えるキャンペーン中☺

DMM COIN

公式サイト

動画配信で有名なDMMが運営企業

新規口座開設キャンペーン実施中!

口座開設すると、誰でも1,000円GETできます☺

仮想通貨ADKとは?

 

通貨名称ADK(Aidos Kuneen)
発行枚数2,500万枚
ホームページ公式サイト
ホワイトペーパー日本語版WP

仮想通貨ADKはオフショア領域に独自の銀行であるオフショア銀行を設立、展開することを目指しているプロジェクトです。

匿名性の高いまま、非常に速い送金が可能であり、取引手数料も無料で送金できます。

仮想通貨ADKは人々の生活に大きな変化をもたらすと考えられております。

 

くまねこ

仮想通貨ADKがとてもすごそうなことは分かったけど、もう少し詳しく教えて!

焦るな!
まず、仮想通貨ADKが備えている5つの特徴から説明するよ。

Hpp

仮想通貨ADKが備えている5つの特徴

ここから仮想通貨ADKが備えている5つの特徴について詳しい解説していきます。

非常に驚愕するほどの特徴ばかりを備えており、話題になる理由がこの章を読めば分かります☺

 

仮想通貨ADKは大きく分けると5つの特徴を備えています。

5つの特徴
  1. ターゲット層はオフショア領域
  2. 貧困層の人たちが銀行口座を持てるようにする
  3. i Mesh技術を用いる高速な送金が可能
  4. 高い匿名性
  5. 送金手数料が一切かからない

ターゲット層はオフショア領域

オフショア領域

仮想通貨ADKのプロジェクトは、オフショア領域に独自の銀行であるオフショア銀行を設立、展開することを目指しています。

設立した銀行内で匿名通貨である仮想通貨ADKを提携させたオフショアバンキングを展開することで、顧客資産を匿名化、顧客の居住する国家の監視より逃れさせ、租税を回避させることが最大の目的です。

 

MEMO

オフショア領域とは、タックスヘイブンを指します。

日本語で表現すると、租税回避地:税金が無税または極端に低い国のことです。

 

オフショア領域内に構えている銀行のことをオフショアバンクと呼び、下記の特徴があります!

オフショアバンクの特徴
  • 非常にレベルの高い匿名性と安全性
  • 国によっては合法的に節税が可能
  • 各国の富裕層が多額の資金を預けている

 

くまねこ

え?それって脱税じゃないの?

それは問題ない!
誰でも知っている大企業も実際に行っていることなのだよ!

Hpp

 

仮想通貨ADKはタックスヘイブン内の国々にオフショア銀行を設立し、全てをネットワークで繋ぐ計画を立てています。

銀行内で匿名性の高い仮想通貨ADKを利用することで、顧客のプライバシーを保護、取引内容を一切他人には分からないようにする計画です。

その結果、利用者がどれくらいの資産を保有しているのか誰にも分からず、誰からも狙われないため非常に安全です。

 

 

???

なぜ、他の銀行で既にオフショアバンクをやってないの?

と考えられている方もいらっしゃると思います。

結論から申しますと、AEOI制度が関係してくるからです。

 

MEMO

AEOI制度とは、AEOI加入国同士であればどの国に口座を開設したとしても自動的に口座情報をあなたの国に送信するという制度です。

つまり、AEOI制度の加盟国で銀行口座をこっそり口座開設しても、母国に情報が送られてしまいます。

 

AEOI制度の加盟国では租税回避は難しいのが現状です。

AEOI制度に加入している国のオフショア銀行にお金を預けている資産家たちは、将来的に保有している資産が暴かれる可能性もあると、現在心配しつづけています。

 

その問題を解決するために仮想通貨ADKのプロジェクトは動き始めました!

仮想通貨ADKがAEOI制度に加入していない国にオフショア銀行を作ることを最大の狙いとした大きな理由はここにあります。

 

くまねこ

あれ?今、AEOI制度に加入していなくても将来的に加入する可能性はあるんじゃないの?

可能性はゼロではない。
しかし、AEOI制度に加入していない国は加入するメリットがないのだよ!

Hpp

くまねこ

え、なんで?理由は?

タックスヘイブンとしてオフショアマネーを受け入れる事で自国が潤うからAEOI制度に加入するメリットがないからだよ!

Hpp

 

仮想通貨ADKはAEOI制度に加入していない国にオフショア銀行を設立しようと計画しており、ケニアとタンザニアに2つのオフショア銀行を設立する予定です。

オフショア領域を狙う理由

オフショア領域には各国から租税を回避する為に巨額の資金が集まり、眠っていると言われています。

オフショア領域に眠っている金額は、およそ3,300兆円と言われており、仮想通貨ADKはこの莫大なターゲット層を狙っています。

 

仮想通貨ADKのプロジェクトでは、0.5%のシェアを奪うことを計画しております。

1ADKの想定価格

3,300兆円×0.5%=16.5兆円←シェアを奪える規模

16.5兆円÷2500万(発行済み枚数)=66万円

以上より、1ADK=66万円

i Mesh技術を用いる高速な送金が可能

仮想通貨ADKは『i Mesh 技術』を用いることで、非常に高速な送金をすることができます。

 

MEMO

iMesh 技術とは、IOTA・ByteBallなどの仮想通貨で使用されているDAG構造を応用して作られた技術であり、網目(メッシュ)状の構造になっております。

トランザクションのブロックは存在せず、その代わりにトランザクションが各トランザクションを参照しながら網目状で広がっていきます。

網目に広がっていく構造なので、取引の量が増えても承認が遅延したりせず、送金速度も非常に高速なのです!

 

のがちゃんねる様がDAG構造をイラスト付きですごく分かり易く説明してくださっています。

理解が進むと思い、お借りさせて頂きました。

高い匿名性

仮想通貨ADKはI2P技術を採用しているため、取引内容を匿名化することが可能です。

 

取引内容が全く見えなく追跡不可能になっていることから、『誰が誰に送金したか』という内容が見られない仕組みになっており、オフショアバンキングを展開していく上では必須の性能を備えています。

 

通常の仮想通貨取引ではすべての取引内容が公開されていますが、仮想通貨ADKを用いると公にできない資金移動などは表に公開されないことから、プライバシー保護にも繋がります。

貧困層でも開設可能な銀行口座

実は、現在世界中で銀行口座を開設したくても、開設できない人がたくさんいます。

 

その数は、なんと・・・20億人!

 

驚くとは思いますが、海外では銀行口座を持っているだけで口座管理料がかかります。

日本は銀行口座を持っていても、口座管理料は今のところ支払う必要はありませんね!

口座管理料が高いため銀行口座を持てない貧困層が多く、また銀行も少額の口座を取り扱いたくないという現状です。

 

しかし、ADKの銀行は、モバイル端末とADKを利用すれば世界中の誰もが安価に口座開設をすることが可能です。

投資や預金もすることが可能となり、彼らの生活レベル・学力を上げて、社会進出の手助けも目指しているのです!

取引手数料がない

多くの仮想通貨の場合、送金する際には取引手数料がかかってしまいます。

法定通貨の日本円でも同じです。振込手数料がかかってしまいますね。

 

しかし、ADKは取引手数料がかかりません。

ADKにはマイナーが存在しないため、ユーザーが手数料を払うことがありません。

ADKを利用するにあたっては手数料かかることなく送金・決済として利用できます。

故に、マイクロペイメントも可能です!

 

MEMO

マイクロペイメントとは、少額決済が可能ということ。

 

手数料がかかると、少額の決済をする上では現実的な話ではありません。

しかし、手数料がかからなければどんな少額の金額でも気軽に利用することが可能です。

この独自性はユーザーに受け入れられる特徴の一つだと思われます♬

仮想通貨ADKの材料・将来性

仮想通貨ADKの将来性

ここから仮想通貨ADKが抱えている豊富な材料と将来性について詳しく見ていきましょう!

オフショアバンク、ETF承認、ニュースメディア買収など様々な材料があり、この章を読み終えると、仮想通貨ADKが持ち合わせている材料を全て把握できるようになります☺

ADKの開発者であるリカルド・バドエル氏

 

仮想通貨ADKを購入する上では、ADKの開発者であるRicardo Badoer (リカルド・バドエル)通称:ドンについて把握することが重要になってきます。

株式投資でも同じですが、企業に投資する上で経営陣がどのような人たちか』という点はすごく重要なポイントです。

 

リカルド氏は長い間、金融関係の仕事をしており、2社の金融関係の経営者でだったみたいです。

オフショア銀行と提携をする実務経験もあり、ADKは今まで関わってきたお仕事からアイデアが浮かんだのではないかなと推測できます。

 

また、リカルド氏は真摯な対応することで有名です!

以前、海外取引所「クリプトダオ」に仮想通貨ADKが上場していました。

急に、海外取引所「クリプトダオ」が仮想通貨ADKの上場を取りやめると決定し、その決定を受け、取引所側はADKのウォレットを削除したため、ホルダーたちはADKを引き出せなくなりました。

 

その時!!

 

リカルド・バドエル氏がポケットマネーで全額ホルダーたちに補償したのです。

このような事件が起きたことから仮想通貨ADKの開発者が独自の取引所まで制作してしまいました。

その独自取引所こそが、Aidos Marketなのです。

ケニア銀行の公文書公開

先日、ケニア中央銀行から受け取った公文書がTwitter上で公開されました。

当公文書は、ADKの代表リカルド氏がケニアの銀行:Sumacmicrofinance銀行の株式を15.7%保有することを証明するものです。

 

また、リカルド氏がこの銀行の非常勤取締役に任命することも表記されております。

具体的な銀行名も発表されたことで、プロジェクトの信憑性は高いと判断できるでしょう。

そして、Sumacmicrofinance銀行は、すごく優良な銀行なのです。

Sumacmicrofinance銀行の特徴
  • 最速成長マイクロファイナンス・バンク部門で受賞
  • 最近、ナクルに大きな支店を開設しケニア市場で巨大な勢力保持

この銀行内で仮想通貨ADKを提携させたオフショアバンキングを展開しようという計画です。

 

 

「当公文書は偽物の可能性がある。」

 

とTwitterでアンチが騒いでいました。

しかし、更なるトレース(証拠)が出てきました。

Sumacmicrofinance銀行ホームページ内の役員紹介ページにリカルド氏:ドンの顔写真が掲載されました。

公式のHPに掲載され、偽物である可能性は一切なくなりました。

ホームページ内の役員紹介ページ

タンザニアにある銀行を買収

タンザニアの銀行:hakika bank

タンザニア国内にある銀行:Hakika Microfinance Bankの株式を23%取得したと先日発表されました。

ケニアの銀行:Sumacmicrofinance銀行の株式取得に引き続いての取組です。

オフショア銀行設立の計画が着々と進んでいて、将来が楽しみですね☺

 

▼Ricardo Badoer氏がTwitterでHakika Bankの23%の株式所有権が公式に認定されたと発表▼

仮想通貨業界初!ADK ETF承認

仮想通貨ADKは世界で初めての暗号通貨ETFとして上場することが決定しました。

NSE(ナイロビ証券取引所)に上場予定であり、ETFの開始日も具体的に決まっています。

 

世界初の仮想通貨ETFということから、世界的に知名度が各段と上がるでしょう。

また、仮想通貨を購入できなかった機関投資家も金融商品であるETFなら購入することが出来るので、機関投資家による購入が増えてるでしょう!

ニュースメディアを買収

Business Today Kenya:公式サイト

 

ドンはビジネスオンラインサイトの「Business Today」の過半数の株式を取得しました。

Business Todayはビジネスオンラインサイトということから、“ニュースメディア”です☺

 

月間訪問者数が30~40万件の規模、主にケニアからの流入が多いサイトです。

「Business Today」の過半数の株式を取得したことにより、実質的に買収したことになります。

今後のADK ETF、オフショアバンキングを展開する上で、促進活動を行いやすくなるでしょう。

オンラインカジノでも使用可能

仮想通貨ADKはオンラインカジノBitcoinRushでの使用が可能です。

ADKが知名度が上がり、世界的に有名になってくると、オンラインカジノでのADKの流通量も増えそうですね!

注意
日本人はオンラインカジノは法律に引っ掛かるから出来ません。

ケニア1部リーグのサッカーチームを所有

仮想通貨ADKとSumacmicrofinance銀行はサッカーチーム「WazitoFC」のスポンサーになっています。

 

上記のユニフォームの画像をご覧ください。

ADKとSumacmicrofinance銀行のロゴが入っていますね!

サッカーを通して、知名度が上がっていくこと間違いないでしょう。

仮想通貨ADKの取引所・購入方法

ADKの買い方

仮想通貨ADKは、現在下記の取引所に上場しており、また上場予定です。

 

取り扱い取引所
【上場済み取引所】

【上場予定の取引所】

 

仮想通貨ADKを実際に購入する大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 国内取引所に口座開設
  2. 口座開設をした国内取引所からAidos MarketにBTCを送金
  3. Aidos Marketに届いたBTCでADKを購入

 

上記の購入する流れをご覧いただければ分かるように、まず国内取引所の口座開設を行い、そのあと独自取引所であるAidos Marketに口座開設し、国内取引所からBTCを送金しなければなりません。

 

国内取引所は、ビットバンクが非常におすすめです!

取引所量国内No.1、セキュリティ対策国内No.1、アプリストア国内No.1という3つのNo.1を取り揃えた魅力的な取引所です☺

また、使いやすいさも抜群であり、初心者の方でもすぐに使いこなせるようになるでしょう!

 

取引手数料も安いことから、Aidos Marketにビットコイン(BTC)を送金する上でも非常に優れています。

ビットバンク(bitbank)の口座を持っていない方はこの機会に口座開設をしておきましょう!

 

???

  • どうやって口座開設するの?
  • 初心者でも簡単に口座開設できるのかな…

と疑問・不安を抱かれている方は『bitbank(ビットバンク)登録・口座開設~使い方まで徹底解説!』を参考にしてください!

 

bitbank

まとめ

まとめ

上記で紹介した『仮想通貨ADK』はオフショア領域に独自の銀行であるオフショア銀行を設立、展開することを目指しており、人々の生活にも大きな影響をもたらすプロジェクトだと言えます。

 

最後にもう一度5つの特徴を確認しましょう。

MEMO
  • ターゲット層はオフショア領域
  • 貧困層の人たちが銀行口座を持てるようにする
  • i Mesh技術を使用している為、非常に速い送金が可能
  • 高い匿名性
  • 送金手数料が一切かからない

 

仮想通貨ADKは世の中に大きな変化をもたらすでしょう。

同じDAG採用通貨として、IOTA・ByteBallと比べると時価総額も非常に低く、これからの伸びも大いに期待できます。

また、ドンの意気込み・やる気に対しても非常に好感を持てます。

経営者が前向きな姿勢だと投資家としては安心できる度合いが違いますね。

通貨特徴、業務内容、経営者など総合的に判断しても、これからまだまだ伸び率の高い通貨だと期待が持てますね☺

 

『仮想通貨ADK』について理解した後は『購入するために国内取引所の口座開設』が必要です。

???

どこの取引所が良いか分からない…

という方は、『【2019年最新】安全・お得に取引するための仮想通貨取引所おすすめランキング』に必ず目を通してください!

6 COMMENTS

ミリ

銀行内で匿名性の高い仮想通貨ADKを利用するとありますがこれは顧客の資産をADKに替えるという意味でしょうか?

返信する
Hpp

ミリ様、コメントありがとうございます。

そうですね。
簡単にご説明しますと、顧客が匿名で資金移動したい場合、ADKに変換して送金するというイメージです。

返信する
ミリ

送金時に匿名性があるし送金手数料も無料なので富裕層や一般の顧客まで需要が生まれるという認識で合っていますか?
となると一般の方は価格変動リスクは気にされるのかなと思いました

返信する
Hpp

ミリ様、コメントありがとうございます。
匿名性の送金をしたい場合のみ、ADKに変換する形になると思います。
匿名性の送金を希望していない一般の方は法定通貨での送金になるため、価格変動リスクは無いと思われますよ^^

返信する
匿名

>ADKのCEO:リカルド・バドエル氏がポケットマネーで全額補償したのです。
>投資家思いが素晴らしい人です。
まるで偉業のように書いてるがポケットマネーの内訳って自分で発行したADK数千万枚の内の数万枚では?

返信する
Hpp

匿名さん、コメントありがとうございます。

偉業とは意味が違うと思いますが、他の取引所に上場していたADKが引き出せなくなったことに対して、リカルド氏が補填したのは評価できると思いますが。
ポケットマネーの内訳等どうでもよく、重要なポイントは『投資家思い』というとこです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です