どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

最近注目を浴びており、以前ご紹介させて頂いた取引所独自トークンのHT(Huobi token)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

HTは、どんな仮想通貨?

HT(Huobi token)とは、Huobi取引所が発行している独自トークンです。

まず、Huobiがどんな取引所?って思う方もいらっしゃるでしょう。

取引所の特徴・口座開設方法を記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

HTの特徴

①四半期毎に利益額の20%の買戻しがある。

f:id:hpp05investor:20180505202133p:plain

Huobi取引所は、四半期毎に一定の比率(利益の20%)で市場に流通しているHTを買戻します。
市場に流通しているHTを買戻す=市場に流通している供給量が減る=価値の向上に繋がります( *´艸`)
放置しているだけでも価値が上がる。

ちなみに、買戻し=バーン(burn)ではありません。

Huobi取引所が買戻しをしたHTは、全額Houbi独自の投資者保護基金に入ります。
これは、取引所がGOXした時等の万が一の時に顧客に影響が与えないように備えているのです。
なんと素晴らしい取引所なんだろう。

②上場する仮想通貨を決める投票権としての利用

f:id:hpp05investor:20180505203619p:plain

Huobiでは、Huobiのグループ取引所HADAXに新規上場する新しい仮想通貨を投票にて決めるのですが、その投票権にHT(Huobi token)が利用されます。

HADAXに上場しているトークンがHuobiの基準を満たせば、Huobiにも上場されるとのこと。

③HTを使用すると、取引所が最大50%OFF!!

f:id:hpp05investor:20180506063419p:plain

HT(Huobi token)をHuobi取引所で利用すると、取引手数料が最大50%OFF!になる取り組みがございます。

同じような取り組みを行っているバイナンスとは少し違い、Huobiにおいては手数料が割引になるVIPサービスをHTを利用して申し込む必要性があります。

④同じ取引所系トークンBNBが過去大暴騰

f:id:hpp05investor:20180506064505p:plain

過去に取引所独自トークンの成功例に、同じ中国系の取引所バイナンスの「BNB」というトークンが挙げられます。BNBも、HTと同じような特徴を持っていました。

    • 手数料の割引
    • 買戻しの制度

当初0.1USDだったBNBは、最終的に12USDまで上昇しました!

え、、、120倍、、、( *´艸`)

Huobiも同じ中国系取引所であって、かなり注目はされています。

さらにHTは伸びてゆくと考えられるのではないでしょうか。

HTの将来性

f:id:hpp05investor:20180506065350p:plain

HT(Huobi token)も直近では値を上げつつあります。

2月の高値を抜くと更に値が上がるスピードは増すでしょう。

また、Huobi取引所は出来高が非常に多く、2018年4月時点で世界第3位です!

その取引所が発行する仮想通貨であり、取引所の利用者が増えれば増えるほど、需要も多くなると考えられ、価格も更に上がるのではないかと考えられます。

この取引所の信頼性もかなりの好材料であると思われます。

HTの買い方

HT(Huobi token)はHuobiにしか上場しておりません。

故に、Huobiの取引所を開かなければ購入はできません。

口座の開き方に関しては、以前記事を書かさせて頂きましたので、ぜひ参考にしてください( *´艸`)

 

 

 

あなたの大切な仮想通貨を安全に保管していますか?

仮想通貨の普及に伴い、Ledger NanoSの在庫が世界的に減少。
仮想通貨の第2相場が始まりつつある今、より在庫は少なくなるだろう。

皆、安心安全に保管したいよね。
取引所に保管してて、GOXしたら嫌だもんね。

自分の身は自分で守ろう!!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事