※7/26更新 Neuromation(ニューロメーション)の最新情報を詰め込んだ記事です。この記事を読めば、ニューロメーションの全てが分かります♬さあ、あなたもNTKホルダーになろう!

スポンサーリンク

ニューロメーションとは

ニューロメーションの概要

 

通貨名称 NTK
発行枚数 1億万枚
HP 公式サイト
ホワイトペーパー 日本語版WP

ニューロメーションの特徴

ニューロメーションは、AI(人工知能)の効率的な活用と、AI(人工知能)開発者の人的資源を上手く活用するためのプラットフォームです。

現在、進みゆく技術革新によりAI(人工知能)があらゆる企業の業務上必要不可欠な存在になりつつあります。

銀行の融資担当、弁護士、税理士もAIに代わってゆくだろうとよく新聞等でも見かけます。実際、大手メガにはもう導入しているところもあります。しかし、そのような背景の一方でAIの開発者・技術面を支える人が足りないという状況です。

この問題を解決するにはプラットフォームレベルでの措置が必要。

そこで!!!!!!!!!!

Neuromationが開発・技術者、科学コミュニティ、商業、民間企業等が共存する市場

つまり、Neuromation独自のプラットフォームを作り上げました。

このプラットフォーム上では、参加している企業・人々たちは、AIのモデルを購入したり、提供したり、取引することができます。

 

f:id:hpp05investor:20180216194647p:plain

 

具体的にどのようなプラットフォームなの?って思う方もいらっしゃるでしょう。上の図を参照ください。

プラットフォーム利用の流れ
  • AIを導入したい企業【顧客】は、ニューロメーションのプラットフォーム上でサービスを依頼
  • 技術提供者はその指定されたサービスを提供
  • AIを導入したい企業【顧客】は、提供されたサービスに応じて対価を定められたドル相当のニューロトークン(NTK)を技術提供者に支払う

ドル相当のNTKを支払うことになっているので、NTKが高騰してもプラットフォーム利用者は何も問題ありません。

そして、対価として支払うNTKは『取引所』で買わなけばならない。ここ重要!!

大手企業もこのプラットフォームを利用するためには、取引所からNTKを買わなければならない。故に、プラットフォーム利用者はNTKの価格を上げるキーパーソンです(*´з`)

このプラットフォーム上では、すべての価値の交換にニューロトークン(NTK)が使用されます。

取り扱いサービス

ニューロメーションのプラットフォーム上で取り扱いできるサービスは以下の4点です。

取り扱いサービス
  • データセット→AIに学習させるデータ集の販売
  • ジェネレータ→データを学習させる作業
  • AIモデル→学習したデータから引き出すAI。AIそのものの販売
  • 学習させるためのコンピューティングパワーも販売

テレグラムにて、EVE in AI様が分かり易い流れを記載されていました。

 

f:id:hpp05investor:20180404143816j:plain

 

クライアントは発注して作成したリンゴを認識するAIを、Neuromationのプラットフォーム上で再販することも可能!!

このプラットフォームでは画像認識に強みあり。

他の認識である音声、文字、味覚、嗅覚認識にも対応というのも魅力的なポイント♪

上記の画像認識とは、画像処理、顔の認識、商品棚の認識、自動運転に必要な深度推定等の人の目で認識できるもの

そのうち自動運転関連にも挙げられそうだね( *´艸`)

 

ニューロメーションの強み

f:id:hpp05investor:20180520151559p:plain

 

AIに必要なリソースとして、大量のデータが必要です。

このデータを機械学習する上で、一番大変な作業は『ラベリング』つまり、それぞれのデータに意味付けをしなければなりません。しかも人力で。笑

 

※ニューロメーションの強みはここにあります。

ニューロメーションは、『合成データ』を使用して、AIに学習させるのです。

「どゆこと?」ってなりますよね。笑

簡潔に説明しますと、CGのような技術で本当にそっくりな物(合成データ)を作り出し、それをAIに学習させるのです。

具体例として、上の画像です。これは、本物ではなく、作り上げたものです!!

データには、既に情報が入っているので、ラベリングも必要無し。

また、自由自在に合成データを作り出すこともできる。しかも、一瞬で!!

ニューロメーションの合成データを使用すれば、何十倍、何百倍のコスト、時間を節約することができます。

 

このニューロメーションの強みについて、メリー☆ギラギラ様が非常に分かり易く、イラスト化して頂き、ご説明頂いております。

より理解が深まると思います♬

材料

大手企業との提携

Nuromationは、徐々に新しい取引先と提携しており、その数も伸びております。どのような企業と携わっているのか下記でご紹介致します!

①OSA (提携先)

f:id:hpp05investor:20180404122347p:plain

Neuromationの視覚認識技術を小売業へ応用しております。

▼OSAについて記事に詳しくまとめてみました!ご覧ください。

②Longenesis(提携先)

Longenesisは、Insilico Medicine(アメリカ医大最高峰 ジョンズ・ホプキンス大学内にあるバイオベンチャー)とBitfury(ブロックチェーン大手企業)が共同で作った会社です。

創薬系。今回のプロジェクトはガンに関してだったはず。

③Linfinity(提携先)

Linfinity社との提携目的は、偽造品対策です。

背景として、世界に偽造品市場は、毎年50兆ドルを占めており、そのうち85%以上の偽物品は、アジアで作られている現状です。

その中、チェーン内のすべてのリンク、原料供給者、製造施設、運送業者、物流センター、販売店、そして消費者からデータを収集、記録、分析をします。

すると、チェーン全体で本物の製品が即座に認識され、物質効率を上がります。

Nuromationは、LinfinityのブロックチェーンとIoT主導のサプライムチェーンソリューションのデータを処理及び分析をします。

アジア市場の拡大

公式ニューロメーションTwitterより3/8に発信されたこのツイート。

ニューロメーションチームは、更なるアジア市場の拡大をしてゆく。

4/12、CEOが上海でニューロメーションの成功とブロックチェーン技術について講演予定。中国は市場規模かなり大きいと考えられます。

世界的にニューロメーションを認知していない方がほとんどだと思われます。

日本においても同じことが言えます。実際、周りの皆全く知らないよね。

認知度が上がれば、価格面にも反映が・・・期待( *´艸`)

日本では、4/4~4/6まで東京ビックサイトにおいてAI EXPO 日本最大!人工知能専門展を開催しており、そこにNeuromationは出展をしておりました。各種報道局も取り上げていたみたいです。

日本は重要なマーケティングエリアだと運営陣は考えており、東京にNeuromationの事務所を開設予定みたいです。

f:id:hpp05investor:20180404132010j:plain

ドリームチーム

ニューロメーションは最高のドリームチームを結成していると感じます。

下の画像はニューロメーションのメンバーです。

一人一人どのような経歴なのか。1度見てみてください。

驚きますよ。鼻血が出てきます。笑

f:id:hpp05investor:20180308200710p:plain

f:id:hpp05investor:20180308200724p:plain

f:id:hpp05investor:20180308200744p:plain

需要面

f:id:hpp05investor:20180308201110p:plain

ニューロメーションはホワイトペーパーの中で需要面について述べていました。

2020年末までに、Neuromationプラットフォーム上でのNTK需要は、利用可能トークン価値の90倍になると(Burn後)。え?90倍?笑 価格面大暴騰間違いじゃん。

低時価総額

これだけの材料等揃っていながら時価総額が、、、

なんと、、、、27億(;´Д`) (2018.3.19)→43億(2018.5.12)

ありえないでしょう。この低時価総額。

株ならS高連発してますよ。

プラットフォームが稼働し始めたら、この時価総額帯ではなくなるだろう。それまでは放置。

Burn(バーン)計画

f:id:hpp05investor:20180216202821p:plain

Burn(バーン)の計画において、公式サイトで上の計画が記載されています。

 

Hpp
Burnとは、既に発行されている通貨のうち何割かを使えなくし発行総数を減らし希少価値を上げる行為のこと。

 

え?保有しているコインも減るの?って思われる方もいらっしゃるとは思いますが、その点は大丈夫です。問題ありません。

減るのは運営側が保有するコイン。

Burnすると1NTK当たりの価値は上がります。

現在発行されているニューロトークン(NTK)数は1億NTK

年々バーンをする計画で、最終的にはこの1億を2000万まで減らす予定。

上の図を簡単に表すと以下のような推移です。

年月 発行済みNTK数
現在 1億NTK
2019/2までに 7000万NTK(1億の30%Burn)
2020/2までに 5,600万NTK(7,000万の20%Burn)
2021/2までに 5,040万NTK(5,600万の10%Burn)
最終的に! 2,000万NTK

※ここで注意点。

運営側の保有NTKは4,000万NTK。

現在から2021/2までにBurn予定のNTK数は4,960万NTK。

あれ?足りなくね?

これは、プラットフォーム上で対価として支払われたNTKをBurnします。

そして、Burnは一気にはでなく、随時です。

※5/20現在、およそ1万枚ほどBurnされています!

ニューロメーションの買い方

ニューロメーションの買い方については、以前記事でまとめました。

ぜひ、下記2っの記事をご参考にしてください。

この記事では、「Yobit」取引所における買い方のみをまとめてあります。

Twitter等でYobitから出金出来ないと英文のツイートを見かけましたが、何も問題無く取引・入出金可能です。私は、Yobitを利用しております。

しかし、今回複数の取引所にも上場し、取引所の選択の幅が増えました。

規模の面から考えると、世界取引高ランキング10位のHitBTCが主流の取引所になってくるのではないかと考えられます。

HitBTCの口座を開設しておくのをオススメします!

MEWの作り方及びNTK追加方法

MyEtherWallet(MEW)でのニューロトークン保管方法についてまとめました。

取引所に置いておくのが怖いという方はぜひ参照ください(*'ω'*)

MEWなら費用もかからずに作成可能です。

Ledger Nano Sに保管する方法

大切な大切なニューロトークン(NTK)をオフラインのハードウォレットで保管したい。と考えるあなたへ!!

Ledger Nano Sでの保管オススメします( *´艸`)

マイイーサウォレット(MEW)よりもう一段セキュリティ面は高いと思われます。

私は、Ledger Nano Sにて大切なNTKを保管しております♪

Ledger Nano Sの本体購入費だけかかってしまいますが、それぐらいの価値が十分にあると思われます。

以下を参照してください!!!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

Neuromation公式のTelegram

Neuromationの保有者はTelegramを始めることを非常にオススメします!

情報量が半端ない。公式のadminとも質疑等もできます。

将来性

この将来性については、私見です。

ほぼAIが現在のほとんど仕事を担うような時代がもうすぐ来るだろう。

人間の仕事はAIが代行する。そして、これから色々なAI(人工知能)が更に出てくるのは間違いない。確実。そのような時代になってゆく上で、やはりニューロメーションは必要不可欠だと考える。

ニューロメーションはAIを取得するために全ての要求が1箇所で解決できるような場所を目指している。

二ューロメーションあってこそのAIの普及・利用・開発になるのではないかと私は思う。故にニューロメーションに期待する。

ニューロメーションが時代を変革する。

おまけ

f:id:hpp05investor:20180319203907p:plain

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらの記事も読まれています!