どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

皆さん、投資を行う上で『必勝のチャートパターンを見つけたい。』という方は多々いらっしゃると思います。

今回は、100%上昇する訳ではありませんが、上昇する確率がかなり高いチャートパターンについての記事です。

そのパターンとは、ボラティリティの低下パターンです。

このパターンを学んで頂く前に、以前記事にさせて頂いた新高値投資法を読んでから、この記事を読んで頂いた方がより理解が進むと思われます。

スポンサーリンク

ボラティリティとは

 

新高値で投資を行うとどんなメリットがあるのか。具体的な銘柄の探し方は前回書かさせて頂いた記事で学んでいただけたでしょうか?

今回は、『新高値』を迎える上で上昇する確率が非常に高い強力なチャートパターンをご紹介します。

そのパターンとは、ボラティリティの低下パターンです。

そもそもボラティリティとは何?って思われ方もいるでしょう。

以下の通りです。

ボラティリティー(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティーが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、その商品の価格変動が小さいことを意味します。現代ポートフォリオ理論などでは、このボラティリティーを標準偏差で数値化し、それをその商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的です。つまり、ボラティリティーが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティーが小さい商品はリスクが低いと判断されるのが通常です。

SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集より引用

株式市場におけるボラティリティをすごく簡単に説明すると、、、

高値から安値までの変動幅のことを指します。

これらを踏まえて、ボラティリティの低下について考えてみよう。

実際の銘柄が絡んでいる方が理解が進むと思われるので、ご紹介させて頂きます。

ボラティリティの低下パターン(実際例)

f:id:hpp05investor:20180311082418j:plain

 

次は、ボラティリティの低下とは何か。についてここからご説明致します!

以前、Twitterの方でもこのパターンを紹介させて頂いたことがあり、その時の画像を使わさせて頂きます。銘柄名は(3928)マイネット。

 

ボラティリティとは、高値から安値までの変動幅でしたね。

では、ボラティリティの低下とは何でしょうか。

ボラティリティの低下とは、高値から安値までの変動幅が縮まってゆくことです。

 

上記のマイネットのチャートをご覧ください。

ボラティリティの低下が一目瞭然ですよね。

注目点!

10月中旬に2319円を付け、一度株価は下がり1600円くらいに。

また株価は上がり11月中旬にまた2319円を付けるものの前回高値で購入した含み損を抱えた投資家は損益ゼロに戻り、手仕舞い売りをする。故に新高値を更新できずに、株価は下がりました。しかし、今回は1800円くらいまでしか下げなかった。

そして、12月中旬に2319円にチャレンジ。また越えれずに株価は調整。

今回は更に値は落ちずに2000円くらいまでしか下落しなかった。

そして、再度1月初めにチャレンジしたとき新高値を更新。短期で約2倍上昇。

毎回、高値は同じ水準までに上昇しているが、下落する時の値はどんどん落ちなくなっていきていますね。これがボラティリティの低下パターン。

ボラティリティの低下パターンの裏側とは

なぜボラティリティの低下が起こるのでしょうか?

それは、毎回のボラティリティの低下(下げ幅の縮小)=供給が枯れてきているということ。簡単に言い直すと、売りが少なくなってきているということ。

弱いトレーダーの供給が枯れて、取り除かれる。その一方で機関投資家、強い投資家等がこの売りを吸収している。だから、値が下がらなくなりつつあるのです!

そして、わずかな需要で売り板を圧倒し、株価は上昇する。

ボラティリティの低下の裏側にはこのような動きがあったのです。

注意点

このパターンは新高値を迎えるパターンの中でも数多くみかけます。

チャートを何回も見て、見抜けたら非常に心強いパターンになります。

しかし、そのチャートを確認する上で注意して頂きたい点が2点ございます。

注意する2点

  1. 下落面で出来高が減っているか確認
  2. ブレイクする時の出来高

下落面での出来高

注意して頂きたい1点目は下落面で出来高が減っているか確認です。

売りが枯れてきているかの確認をボラティリティの低下だけで確認するのではなく、下落面での出来高も減ってきていることも必ず確認してください。

出来高が大幅に減少して、ボラティリティも低下してこれば、明らかに売りが枯れてきているということです。

出来高がまだ多い状況でしたら、まだ売りが多いということになります。
パターンとしてはまだ不十分です!

非常に上昇する確率が高いパターンですので、ぜひ投資を行う上でこのような局面が無いか一度見てください!!かなりの武器になると思われます。

ブレイクする時の出来高

もう1点確認して頂き点は、ブレイクする時の出来高の確認です!

ボラティリティが低下していくと、どこかのタイミングで新高値にブレイクします。
そのブレイクの瞬間の出来高が急増していることは確認してください!

大きくブレイクアウトし、新高値を迎える時は1日当たりの平均出来高が50%~増えることも珍しくありません。
出来高が平均以上に増加する理由は、機関投資家の買いが入ったからだと言っても間違いありません。逆に出来高の伴わないブレイクアウトはすぐに落ちていく偽のパターンである可能性がかなり高い。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらも読まれています!