Hpp
どうも!Hpp(@hpp_tbr)です。

 

今回、私がおすすめさせていただく本は個人投資家DUKEさんによって書かれた

「1勝4敗でもしっかり儲ける 新高値ブレイク投資術」

です。

この本は、普段サラリーマンとして働かれているDUKEさんが帰宅後のわずかな時間を利用して、ルール通りに投資をして大化け株を発掘する過程が詳細に書かれています。

デイトレイダーのように1日パソコンに張り付く必要もない投資術です。

 

人気急増中の国内取引所3選

公式サイト

取引手数料が全て無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!

公式サイト

リップル(XRP)出来高世界No.1
セキュリティ対策も万全な取引所!
全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中!

公式サイト

東証一部上場企業GMOインターネットが運営。
セキュリティレベルは高く・信頼性も抜群!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!

スポンサーリンク

個人投資家DUKEさんとは、どのような人物?

個人投資家DUKEさんはどのような人物が見ていきましょう!

DUKEさんの経歴

  • 個人投資家(テクノファンダメンタル派)・米国公認会計士
  • 慶応義塾大学卒業後、東証1部上場企業に入社。管理会計・経営計画に携わる
  • 2003年、結婚と同時に株式投資を始める
  • 幾度も手痛い失敗を繰り返すも、2014年株式投資での累計利益が1億円突破!

素晴らしい経歴をお持ちの方ですね。

DUKEさんは兼業投資家であることからデイトレのようにパソコンに張り付く時間はありません。

ウィリアム・オニールの投資法「CAN-SLIM」に出会い、サラリーマンに適した投資法を考えられたようです。

その投資法とは、毎日30分程度の作業で、2倍以上に大化けする銘柄を探すもので、仕事が終わり帰宅した後の少しの時間を利用して銘柄の分析を行います。

スタンスとしては、中長期投資なのでサラリーマンなどの兼業投資家の方にはすごく向いています。

私もこの本は非常に参考にさせて頂いており、有益な情報がいくつも書かれています。

ウィリアム・オニール、マーク・ミネルヴィニの本を読み漁っていた私には、それらの本の内容が分かり易く凝縮されていると感じました!

失敗の連続

DUKUさんのような素晴らしい経歴をお持ちの方でも最初は失敗の連続だったみたいですね。

一番最初はビキナーズラックで成功し、そこから失敗の連続。損失。

本書では、その失敗の原因・改善点を細かく書かれており、チャートを用いてどのような失敗だったのか詳しく説明されております。

自分の失敗を詳しく解説されている本はなかなか無いと思います。

他人の失敗を学べることは非常に有益です。

 

DUKEさんも失敗を繰り返すものの、DUKEさんの転換点が訪れました。

それは、ウィリアム・オニールの投資法「CAN-SLIM」との出会い。

この投資手法に出会い、自身「新高値ブレイク投資術」を作り上げ、現在も試行錯誤を繰り返しながら改善を行っているみたいです。

DUKEさんが色々な試行錯誤を繰り返しながら作り上げたテクノファンダメンタル分析の手法「新高値ブレイク投資術」をこの本の中で詳しく説明しています。

想像できないほどの時間を費やして作り上げた手法をこの本の中で詳しく説明してくれています。

約1,500円を出して、その時間を買えると考えると、非常に有益であり、故に私はこの本をおすすめします!

 

この本を読んで学べること

みなさんが一番気になるであろうこの本を読むことによって、何を学べるのか。

学べる内容としては以下の通りです!

この本で学べること

  • 株を新高値で買う本当の意味
  • テクニカル分析とファンダメンタル分析両方用いなければならない理由
  • 会社の変革の見つけ方
  • 新高値銘柄を効率的に探す方法
  • ボックス理論、チャートの見方
  • 業績のチェックポイント
  • ポジションマネジメント、損切りのルール
  • 銘柄の売るポイント
  • 他にもたくさんあります!!

上記の内容について、少しでも学びたいと思われた方は購入して何度も読むことをおすすめします!

ランチ1回分を我慢し、この本を購入することであなたの人生が変わるかもしれません!

ぜひ、ご購入をおすすめします!!

 

私もファンダメンタル派の投機家であり、新高値を用いた成長株投資を普段行っております。

よくTwitterなどで、「どのような基準で投資を行っているのか教えて欲しい!」との依頼があるため、記事にて私の成長株投資法について詳しくまとめさせていただきました!

ぜひ、こちらもご覧ください!

DUKUさんの本と合わせて読んでいただけると、より理解が深まると思います!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

こちらの記事も読まれています!